キャノピー・グロースが医療大麻3社をブランド集約

05/07/2019
垂直統合型カンナビス企業のキャノピー・グロース(Canopy Growth Corporation, TSX:WEED, NYSE:CGC)は、これまでいくつかに分散していた医療用、薬局用ブランドをスペクトラム・セラピューティックス(Spectrum Therapeutics)に統合することを発表した。統合されるのは、スペクトラム・カンナビス(Spectrum Cannabis)、キャノピー・ヘルス・イノベーションズ(Canopy Health Innovations)、C3カンナビノイド・コンパウンド・カンパニー(C3 Cannabinoid Compound Company)の3社。

今回3社を1つのブランドに統合する狙いは、これまで分散していたそれぞれの医療分野での研究成果を統合することにある。スペクトラム・セラピューティクスは、全スペクトルおよび単一カンナビノイドの医療用大麻製品の製造および販売を網羅することになり、業界をリードする教育、患者および医療従事者へのリソースとサポート、臨床前および臨床研究、カンナビノイド系医薬品の開発などを行っていくとのこと。

直近のC3の買収は、スペクトラム・セラピューティクスの医療大麻分野での先駆性を維持し、ヨーロッパの療法士へフルレンジのカンナビノイドベースの医薬品を提供することになる。これは、C3のドイツ、オーストリア、スイス、デンマークで処方されるドロナビノールも含む。今回統合されることになるが、ドロナビノールは今後もC3が作ったバイオノリカ・エシックスブランドで販売される。

Source;
https://www.canopygrowth.com/investors/news-releases/canopy-growth-introduces-spectrum-therapeutics/

—————————
<<新刊発売のお知らせ>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、大麻産業の”今”が理解できるでしょう。
—————————

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です