クレスコ・ラボがBlair Wellnessの買収中止を発表

1/19/2022
垂直統合型大麻企業大手のクレスコ・ラボ:Cresco Labs(CSE:CL)(OTCQX:CRLBF)が、以前発表したメリーランド州ボルチモアの医療用大麻薬局であるBlair Wellness, LLC(以下「Blair Wellness」)の発行済株式の100%を取得するための最終契約を中止すると発表。

Cresco Labs社のCEO兼共同創業者であるCharlie Bachtellは次のように述べています。
「当社は、Blair Wellness社との買収契約を、当社が指定した終了日までに特定の終了条件が満たされなかったために終了しました。
私たちは、メリーランド州での活動を拡大するための他の手段を引き続き模索し、意味のある重要な州で深く活動するという戦略を実行していきます。」

Blair Wellness社の買収は当初、2021年第4四半期中に終了する予定だった。本取引に伴う契約解除料は発生しないとのこと。

Cresco Labs Inc.について
Cresco Labs社は、米国最大級の垂直統合型マルチステート大麻事業者であり、大麻業界の正常化とプロ化を使命としている。Cresco Labsは、消費者向けパッケージ商品(CPG)のアプローチを採用した、米国最大級のブランド大麻製品の卸売業者。同社のブランドは、あらゆる消費者層のニーズを満たすように設計されており、Cresco、High Supply、Mindy’s Edibles、Good News、Remedi、Wonder Wellness Co.、FloraCal Farmsなど、最も認知度が高く信頼できる全米ブランドで構成されている。Cresco Labs社の全国的な薬局ブランドであるSunnysideは、既存および新規の大麻消費者に信頼、教育、利便性を提供するために作られたウェルネスに特化した小売店。Cresco Labs社は、大麻産業が米国の主要な雇用創出源のひとつになることを認識しており、社会のすべての人々が大麻産業で働き、ビジネスを所有するためのスキル、知識、機会を確実に得ることを目的として設立された、業界最大の社会的公正と教育開発イニシアチブであるSEEDを運営している。Cresco Labsの詳細については、www.crescolabs.comへ。


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。