マリメドがイリノイ州のグリーン・グロースを買収へ

01/18/2022
複数州で大麻事業を展開しているマリメド:MariMed, Inc. (OTCQX: MRMD)は、イリノイ州で大麻事業免許を取得予定のグリーン・グロース・グループ:Green Growth Group, Inc.を買収する正式契約に調印したと発表した。本取引は、慣習的な取引完了条件および規制当局の承認を条件としている。本取引の条件は公表されていない。

本取引により、マリメドは、同州における既存の大麻小売事業に加え、栽培・製造・販売を行うことが可能となる。マリメド社は、受賞歴や販売実績のあるブランド、遺伝子、製品などの全製品ポートフォリオを、米国有数の大麻市場に提供することになる。

マリメド社のCEOであるBob Firemanは、
「今回の買収により、マリメド社はイリノイ州で垂直統合型の大麻事業者となり、すでに4店舗のThriveブランドの大麻薬局を運営していることになります。
現在、当社が事業を展開している高成長州において事業を拡大し、収益と利益を増加させることは、当社の戦略的成長計画の重要な一部です。イリノイ州の規制では、当社は最大で10軒の薬局と3つのクラフト・ライセンスを所有することができます」
と述べている。

マリメドの最高財務責任者であるジョン・レヴィンは、
「イリノイ州で垂直展開することで、当社の小売店の粗利率が向上し、他の薬局への当社ブランド製品の販売による卸売収入が得られます。今回の買収は、先日発表したメリーランド州の大麻ビジネスの買収に加え、マリメドの戦略的成長プランの実行に向けた重要なステップとなります」
と述べている。

今回のクラフト・ライセンスでは、最大14,000平方フィートの栽培用キャノピーを開発するための建物を取得し、濃縮液を製造するための抽出ラボを建設し、エディブルやその他の派生製品を製造するための生産キッチンを建設する予定だ。また、輸送ライセンスを取得することで、イリノイ州全域で製品を卸売することが可能になる。

マリメドは、第三者とのライセンス契約により2019年まで同州でトップクラスの売上を誇ったBetty’s Eddies®フルーツチュー、受賞歴のあるNature’s Heritage®フラワーとコンセントレート、ソフトで噛み応えのあるBubby’s Baked™焼き菓子など、マリメドの独自ブランドと製品をイリノイ州で製造・販売することを予定している。

イリノイ州金融職業規制局によると、イリノイ州の2021年の合法大麻の総売上高は18億ドルで、同州で成人用大麻が初めて合法化された2020年と比較して100%以上増加した。人口約1,300万人、運営中の薬局は約110店舗、合法大麻の売上高は18億ドルと、イリノイ州は米国で最大かつ最も急成長している大麻市場の1つだ。

マリメド社について
複数の州で大麻を取り扱うマリメドは、高品質の製品、行動、価値観を通じて、日々の生活を向上させることに専心している。マリメドは、園芸原則、大麻栽培、大麻入り製品、薬局運営において優れたモデルとなる、種子から販売までの州認可の大麻施設を開発、所有、管理している。マリメドは、経験豊富な経営陣を擁し、事業部門に一貫した成長と成功をもたらしている。マリメドの技術者が生み出した独自の製剤は、Betty’s Eddies®、Nature’s Heritage®、Bubby’s Baked™、k FUSION、Kalm FUSION®などのトップセラーや受賞歴のある製品およびブランドに組み込まれている。詳細については、www.marimedinc.com へ。


<<大好評発売中!!>>


「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。