Curaleaf CBD

キュラリーフ、Bloom Dispensariesの買収を完了

01/19/2022
垂直統合型大麻企業大手のキュラリーフ:Curaleaf Holdings, Inc.(CSE: CURA /OTCQX: CURLF)は、先に発表したアリゾナ州の垂直統合型大麻事業者であるBloom Dispensaries (以下、「Bloom」)の買収を完了したことを発表した。本取引の完了により、Curaleaf社の小売店舗数は、アリゾナ州で13店舗、全米で121店舗となった。

ボリス・ジョーダン(Curaleaf社エグゼクティブ・チェアマン)は、
「ブルームはCuraleafにとって戦略的に非常に適した企業であり、魅力的な資産を得てアリゾナ州での生産能力と小売拠点をさらに拡大することで、年間14億米ドルを超える同州の市場機会によりよく対応することができるようになります。
これらの利点に加えて、ブルームは我々の調整後のEBITDAマージンを直ちに増加させるでしょう。取締役会と経営陣を代表して、私はブルームをキュラレフファミリーに正式に迎えられることを嬉しく思っています。」
と述べている。

キュラリーフのCEOであるジョセフ・バイエルン氏は、
「ブルーム社の買収を完了できたことを大変嬉しく思っています。ブルーム社は、最高品質の製品を一貫して市場に提供することにより、強固で収益性の高いビジネスを構築してきました、アリゾナ州におけるクラリーフのプレゼンスを拡大するための理想的な資産です。アリゾナ州は、長期的な成長の可能性を秘めた大きな市場機会であり、両社の統合により、Curaleafは同州での成長戦略を加速させることができると確信しています」
と述べている。

<ブルームディスペンサリーのハイライト>
・2021年の売上高は約66百万米ドル、EBITDAマージンは40%以上。
・フェニックス、ツーソン、ピオリアの各都市に4つの小売店を展開し、セドナには現在唯一の小売店がある。
・フェニックス北部に隣接する2つの栽培・加工施設(総面積:約63,500平方フィート)。

<取引の詳細>
本契約に基づき、Curaleaf社は、現金および無借金で、目標とする運転資金を確保した上で、総額約211百万米ドルの購入価格を支払った。買収価格は、決算時の実際の運転資本に基づく標準的な調整の対象となる。買収価格は、取引終了時に現金で51百万米ドルが支払われ、残りの約160百万米ドルは、取引終了から1年後、2年後、3年後にそれぞれ50百万米ドル、50百万米ドル、60百万米ドルの約束手形3枚を発行して支払われる。ブルームの売り手の選択により、3つ目の約束手形は、当社が、取引完了から3年目の日に、1株あたり13.85米ドルの固定価格でCuraleaf Holdingsの劣後議決権株式を4,881,392株まで発行して支払うことができる。本債券はBloom社の株式および資産のみを対象とし、Curaleaf社のいかなる企業からも保証されない。

Curaleaf Holdingsについて
Curaleaf Holdings, Inc.(CSE: CURA) (OTCQX: CURLF) (“Curaleaf”)は、大麻に関する明確な情報と消費に関する信頼を提供することで生活を改善することを使命とし、大麻の消費者向け製品を提供する国際的な大手企業だ。品質、専門知識、信頼性で知られる高成長の大麻企業として、CuraleafやSelectなどのブランドは、医療用および成人用市場において、業界をリードするサービス、製品セレクション、アクセス性を提供している。米国では、23州で121の薬局と25の栽培施設を運営し、5,200人以上の従業員を擁している。Curaleaf Internationalは、ヨーロッパ最大の垂直統合型大麻企業であり、ヨーロッパ市場における独自の供給・流通ネットワークを持ち、先駆的な科学・研究と最先端の栽培・抽出・生産を結びつけている。Curaleaf社は、カナダ証券取引所にCURAのシンボルで上場しており、OTCQX市場ではCURLFのシンボルで取引されている。
詳細については、https://ir.curaleaf.comへ。


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。