Elixinol Revenue for Q2 2018

ゴールドフローラ、CA州最大級の大麻薬局Airfield Supplyを買収

02/08/2022
カリフォルニア州の垂直統合型大麻企業であり、単一州で事業展開しているゴールドフローラは、カリフォルニア州で最も革新的で尊敬されている小売ブランドの1つであるAirfield Supply Companyを買収したことを発表した。今回の買収には、エアフィールド・サプライ社が保有するサンノゼでの栽培事業、施設および配送ライセンス、マウンテンビューでの配送ライセンスおよび運営、すべての独自の知的財産、Aviation CannabisやJetfuel Cannabisなどのプレミアム製品ブランドも含まれている。
サンノゼを拠点とするエアフィールド社は、カリフォルニア州で最大の垂直統合型大麻小売業者であり、顧客数および年間総売上高の両方において、9,000平方フィートのキャノピーを含む屋内栽培施設を有し、サンノゼ国際空港近くの20,000平方フィートの敷地内で共同ブランド製品を製造している。また、同社は、Alphabet、Intuit、LinkedInなど、世界有数のテクノロジー企業が集まるシリコンバレー、カリフォルニア州マウンテンビューで、2つしかないデリバリーライセンスを取得している。
2010年に「South Bay Healing Center」として医療市場向けに設立され、2015年には「Airfield Supply Company」にブランド名を変更した。エアフィールド社は、1日に1,300人以上のお客様に利用されており、テスラの配送車、独自のeコマースサイト、タッチレスの前払い配送ソリューション、体験型ショッピングの構築、全米で認知されているマーケティングキャンペーンなど、高級感のある小売店と革新的な顧客体験で知られている。エアフィールド社は、2021年に国際的に権威のあるクリオ賞を3回受賞するなど、数々の賞を受賞している。また、エアフィールド社は、大麻業界における持続可能性のリーダーでもあり、アビエーションの革新的なパッケージラインを市場に投入したり、小売店のお客様向けに大麻パッケージの廃棄物リサイクルプログラムを実施したりしている。
エアフィールド・サプライ・カンパニーの創業者兼CEOであるMarc Matulich(マーク・マチュリッチ)は、今後もその職務を継続し、当面の事業拡大のためのオーナーシップを維持する。Matulich氏は、業界で広く尊敬されており、ゴールドフローラが提供するすべてのサービスに同社を合わせることを楽しみにしている。

エアフィールド・サプライ・カンパニーの創業者兼CEO マーク・マチュリッチは、
「ゴールドフローラ社の一員になれることを光栄に思いる。エアフィールド社は、イノベーション、顧客体験、製品戦略、社会的・環境的責任などの価値観を共有する、長年の協力関係にある企業であり、当社にとって自然なパートナーだ。ゴールドフローラは、市場を支配し、大麻産業を前進させるための完璧なポジションにあると確信しています。
ゴールドフローラ社とエアフィールド社の将来を非常に楽しみにしています。また、カリフォルニア州のすべての消費者にとって、最終的に消費者体験を向上させる方法で協力できることを楽しみにしています。」
と述べている。

ゴールドフローラ社は、ロングビーチのKing’s Crew薬局や、ホリスターやシーサイドで展開するHigher Level薬局など、カリフォルニア州内で大麻関連企業や小売店を所有・運営している非上場企業だ。また、ゴールドフローラ社は、コスタメサとコロナにある小売店の最終的な申請手続きを行っている。これに加え、最近のエアフィールド社の買収と、両社の潜在的な拠点拡大計画により、ゴールドフローラ社の年間小売売上高は約1億5000万ドルに達すると予想され、カリフォルニア州最大の小売企業の一つとなる。
ゴールドフローラ社は、小売店に加えて、カリフォルニア州デザートホットスプリングスに620,000平方フィートの大麻工場を持ち、屋内での栽培、製造、抽出に加えて、自社での販売も行っている。同社は、カリフォルニア州内に拠点を置き、自社のプレミアムブランドであるゴールドフローラ製品をはじめ、12の著名ブランドの販売・流通を行っている。ゴールドフローラ社の大麻工場は、カリフォルニア州でも最大級の規模になる予定だ。

ゴールドフローラ社の創業者兼CEOであるローリー・ホルコム氏は、
「Airfield Supply Co.の買収は、カリフォルニア州で垂直統合型のトップ企業になるという目標を達成するために、当社がこれまでに行ってきた最も重要なステップの一つです。」
私たちは、エアフィールド社とその優れたビジネス・ファミリーを当社のポートフォリオに組み入れることができ、とても嬉しく思っている。マークは素晴らしい組織を築いてくれています。今回の買収で生まれる複数のシナジー効果、そして当社のお客様や地域社会にもたらすメリットを楽しみにしています」。
と述べている。

Gold Flora社によるAirfield Supply Company社の買収は、2021年12月31日に完了。この取引において、Hyperion Capital Inc.がGold Flora社の財務アドバイザーを務めた。Merritt Advisoryのプリンシパルは、本取引において Airfield Supply Company の財務アドバイザーを務めた。2022年にはいくつかの重要な取り組みが予定されているが、Gold Flora社は、Airfield Supply Co.のブランド、経営陣、スタッフをそのまま維持する予定だ。

Gold Flora社について:
ゴールドフローラは、カリフォルニア州コスタメサに本拠地を置く、垂直統合型の単一州運営企業だ。ゴールドフローラのプラットフォームには、栽培、製造、流通、小売、そしてブランドのポートフォリオが含まれている。ゴールドフローラ社は、デザートホットスプリングスにある、完全に認可されたユニークな大麻複合施設であるゴールドフローラ農場と提携しており、ここには州内最大級の屋内栽培施設がある。
ゴールドフローラ社は、カリフォルニア州で最高品質の完全試験済みの合法大麻製品を提供することを目指している。ゴールドフローラ社は、急速に発展する大麻業界に、信頼性、透明性、高い倫理基準をもたらすことを基盤として設立された。また、垂直統合型で女性が経営している数少ない大麻ブランドの一つでもある。詳細については、goldflora.comへ。

エアフィールド・サプライ・カンパニーについて
エアフィールド・サプライ・カンパニーは、垂直統合されたフルサービスの大麻薬局ブランドのリーディングカンパニーだ。カリフォルニア州サンノゼを拠点とするエアフィールドは、ブティックスタイルの店舗に、自社栽培のAviation CannabisとJetfuel Cannabisの製品や、サードパーティが厳選した大麻の花、濃縮液、トピカル、エディブルなどを世界レベルで取り揃えている。2010年の創業以来、エアフィールドの使命は、毎日の人生の旅を最大限に楽しむことだ。Airfieldsupplyco.comとAviationcannabis.com のドメインも保有している。


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。