Curaleaf CBD

キュラリーフ、過去最高のQ4および2019年度末決算を報告

03/25/2020
現在17州で54のディスペンサリーを運営する垂直統合型大麻企業大手のキュラリーフ(Curaleaf Holdings Inc, CSE:CURA, OTCQX:CURLF)は、2019年12月31日に終了した年度決算および2019年第4四半期決算を報告した。

<ハイライト>
・2019年度の管理収益として過去最高の275.7億円($250.6M)、調整後のEBITDAとして過去最高の28.5億円($25.9M)を達成。

・過去最高の四半期管理収益89.9億円($81.7M)、過去最高の調整後EBITDA15.2億($13.8M)を達成。

・過去最高の四半期プロフォーマ売上高144.9億円($131.7M)を報告。

・将来の成長イニシアチブに向けて当社のバランスシートを強化するため、3億ドルの上担保タームローン枠を確保。

・大麻ブランドのセレクト買収を2020年2月1日に終了、グラスルーツに対するハート・スコット・ロディノ法(HSR)待機期間の満了を発表。


<四半期はハイライト>
・総売上高は過去最高の83.1億円($75.5M)で、前四半期比22%増、調整後EBITDAは前四半期比32%増の15.2億($13.8M)を記録。

・セレクト社の買収に向けた取引条件の変更を発表し、すべてのステークホルダーを調整。

・マサチューセッツ州オックスフォードに当社初の娯楽大麻薬局をオープン。

<年度決算ハイライト>
・前年比187%増となる売上243.1億円($221M)を記録。

・2018年の調整後EBITDAは-11.4億円(-$10.4M)と赤字だったのに対し、28.5億円($25.9M)の調整後EBITDAを記録。

・11のディスペンサリー、5の栽培施設、14の加工施設を、9つの事業に統合したことで、アリゾナ州、カリフォルニア州、オハイオ州、オレゴン州、メリーランド州、ネバダ州などの主要な州でのプレゼンスが大幅に拡大。

<ポスト第4四半期ハイライト>
・ネバダ州の大麻企業エーカーの買収が完了。

・3億ドルの上級担保タームローン枠をクローズ。

・マサチューセッツ州プロビンスタウンに娯楽大麻ディスペンサリーの2号店、ケープコッド州初の娯楽大麻ディスペンサリー1号店、マサチューセッツ州ウェアに娯楽大麻ディスペンサリー3号店をオープン。

・セレクト社の買収を完了し、経営陣を強化し、主要なリーダーを任命。

・グラスルーツ社買収に向けたHSR待機期間の終了を発表。

・ユタ州で小売と加工のライセンスを獲得し、ペンシルバニア州から臨床登録者指定を受領。

・保健省は、連邦の医療マリファナ研究プログラムの下で、キュラリーフが大麻の栽培・加工施設と最大6つのディスペンサリーを開設することを許可。

・コネチカット州ハートフォード、ミルフォード、スタンフォードにある3アロー・オルタナティブ・ケア・ディスペンサリーを買収すると発表。

キュラリーフは、現在17州で54のディスペンサリー、15の栽培施設、24の加工施設を運営している。

Source;
https://ir.curaleaf.com/press-releases/detail/123/curaleaf-reports-record-fourth-quarter-and-fiscal-year-end


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です