CBD製品が好調なエリクシノールの2018年度売上げが28億円を記録

02/26/2019
CBD製品が好調なエリクシノール・グローバル(Elixinol Global, ASX:EXL, OTC: ELLXF)は、上場後初の年間決算となる2018年度の決算結果をいち早く投資家向けのプレゼンテーションで発表した。
売上額は昨年度から121%UPとなる28億円となり、順調に成長していることをアピールした。また、これはヘンプ由来のCBD製品販売が好調だったことに起因するとのこと。
今後もファームビル改正の恩恵で好調な市場拡張が続くと予測している。

EBITDAも前年から大きく改善しており、2018年度は0.6億円(A$0.7M)となっている。


エリクシノール・グローバルはオーストラリアで医療大麻を取り扱うナンヤラ(Nunyara)とCBD製品を取り扱うヘンプフーズ(Hemp Foods Australia)、エリクシノール(Elixinol)を3本柱に事業展開しており、売り上げに占めるエリクシノールの割合は87%となっており、前年度からの伸びは141%を記録し、プライベートブランドでのセールスは359%UPとなった。

エリクシノール部門では、生産能力の拡張、小売店への高マージン製品のセールス、製品ラインナップの拡充、ヨーロッパと日本市場の拡大などを戦略に据えており、ヘンプフーズ・オーストラリアではコアプロダクトとなる新製品の販売やサティバ・スキンケア製品を健康市場とオンライン市場で販売するなど行なっている。
ナンヤラでは、生産・製造工場の拡張と医療大麻に関する教育プログラムの開発などを実施してきた。
アメリカのエリクシノールでは、2019年度も引き続き好調な売り上げ予測をしており、生産規模を2倍にし新製品のラインナップの拡充も図られるとのこと。
日本でも存在感を示しているエリクシノールだけに、今後の動向にも注目していきたい。

Original Source;
https://www.elixinolglobal.com/site/showdownloaddoc.aspx?AnnounceGuid=dfd36260-1b28-4191-aae0-85979ce5130a

関連記事

産業用ヘンプの合法化を含む2018ファームビルにトランプ大統領が調印... 12/20/2018 先週アメリカ上下院で通過したファームビルと言われる連邦農業政策法案にトランプ大統領が本日(12/20/2018)サインした。 ファームビル自体は大麻草だけにフォーカスしたものではなく、低収入の農家に対する補償政策(フードスタンプの配給)など幅広い農業政策が含まれている。 ...
大麻薬局のアップルストア、メッドメンが2019年第2四半期決算を発表... 03/01/2019 大麻のディスペンサリー事業を展開するメッドメン(MedMen Enterprises Inc, CSE: MMEN, OTCQX: MMNFF)が2018年12月末に締めた2019年第2四半期決算を発表した。 <2019年第2四半期決算ハイライト> ・...
大麻産業専門に不動産事業を営むIIPRが前年同期比146%UPとなる好決算を発表... 05/10/2019 カリフォルニア州サンディエゴに拠点を持ち、大麻ビジネスに特化した不動産事業を展開しているイノベーティブ・インダストリアル・プロパティーズ(Innovative Industrial Properties, Inc, NYSE:IIPR)が、2019年度第1四半期決算を発表した...
大麻オイル製造のメディファーム・ラボが第4四半期決算で8.7億円の売上を記録... 04/03/2019 カナダに本拠地を置く、大麻オイル製造のメディファーム・ラボ(MediPharm Labs Corp, TSXV:LABS, OTCQB:MLCPF)が2018年12月末に締めた第4四半期決算と年度決算の数字を報告した。 <2018年度 第4四半期決算ハイライト> ...

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です