Elixinol Revenue for Q2 2018

オルガニグラムがナスダックに上場申請

04/26/2019
現在トロント証券取引所ベンチャー市場(TSX-V)にて株式が取引されているオルガニグラム(Organigram Holdings Inc, TSX-V:OGI, OTCQX:OGRMF)が、アメリカのナスダック市場への上場申請を行ったことを明らかにした。
ナスダック市場への上場のためForm40-Fをアメリカ証券取引委員会(SEC)提出。今後SECやその他ナスダックなど各署の承認を持ってナスダック上場が認められることになる。
現在TSX-V市場に上場されている普通株式はそのままTSX-Vで継続して取引される。

Form40-Fを提出するにあたり、オルガニグラムは2017年度と2018年度の決算情報を再提出し、独立した会計会社からのIFRS基準の会計監査報告もなされた。

オルガニグラムのパウロ・デ・ルカCEOは、
「アメリカやその他外国の投資家から、弊社への投資に多大なる関心を持っていただいていることを経営陣は把握しており、今回のナスダック上場へとつながりました。拡大を続けるカンナビス市場において株式流通量の増加は投資家の皆様にとっても大いなる流動性をもたらすものを考えております。」
と述べている。

オルガニグラムの主要栽培施設は、カナダのニューブランズウィック州モンクトンにあり、室内栽培の大麻から高品質なカンナビス製品を製造している。同社はカナダの医療大麻患者と娯楽用大麻ユーザーに製品を供給しており、また世界市場にもパートナー企業を通じて事業拡大している。

Source;
https://www.organigram.ca/latest/organigram-announces-application-to-list-on-nasdaq/

—————————
<<新刊発売のお知らせ>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、大麻産業の”今”が理解できるでしょう。
—————————

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です