電子タバコのPAXラボが462億円($420M!)を調達

04/22/2019
電子タバコ分野でリーディングカンパニーであるPAXラボ(PAX Labs, Inc)が、タイガー・グローバルマネジメント(Tiger Global Management)やタオ・キャピタル・パートナーズ(Tao Capital Partners)など既存の出資者と新規の投資家からおよそ462億円($420M)の調達となる第三者割当増資をおこなったことを発表した。

PAXの主力製品であるベポライザー(カンナビスオイル摂取のためのPAX Era、乾燥花のためのPAX3)は、正確な摂取量と高品質な体験をもたらし、PAXモバイルアプリを使用すると、ユーザーは温度と吸引量をコントロールでき、各セッションにおいて予測できる範囲でより高い効果得られれるという。

PAXのバーラット・ヴァサンCEOは、
「PAXは巨大なチャンスを掴むために、製品開発に鋭意取り組んでおり、ブランド構築に力を注いで参りました。今回の資金調達ラウンドは、我々にとって、新製品の開発、新規市場開拓、カナダなど国際的市場への展開、ヘンプ由来のCBD製品への進出を可能にしてくれるものとなります。我々はユーザーが安心して使用できる安全基準をゴールドスタンダートとして見据えており、また、大麻が社会にとって善であると信じる人々を雇用し社内外で応援しています。」
と述べている。

PAXはこれまでに50万本以上のオイル用PAX Eraデバイスや100万本以上の乾燥花用ベポライザーを販売してきている。

Source;
https://www.prnewswire.com/news-releases/pax-secures-420-million-funding-from-new-and-existing-investors-300835377.html

—————————
<<新刊発売のお知らせ>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、大麻産業の”今”が理解できるでしょう。
—————————

関連記事

ベイポライザー大手PAXがミシガン州でグリーン・ピーク・イノベーションズと契約... 01/10/2019 6万平方スクエアフィートの大麻栽培・製造施設を持つグリーン・ピーク・イノベーションズ(Green Peak Innovations)がベイポライザー大手のパックス・ラボ(PAX Labs)と契約したことを発表した。 パックスはベイポライザーを提供し、グリーン・ピーク・イノベ...
ベイプグッズのグリーンレーンがナスダック上場へ... 04/08/2019 VaporNation.comなどを運営し、高品位なベポライザーやその他アクセサリーなどを販売しているグリーンレーン・ホールディングス(Greenlane Holdings, Inc)がナスダック上場へ向けて証券取引委員会に申請を行ったことを発表した。 ティッカーシンボルは...
PAXラボがオーロラやエフィリア、オルガニグラムら大麻プロデューサーと提携... 06/08/2019 ベポライザーのリーディングカンパニーであるPAXラボ(PAX Labs, Inc.,)は、エフィリア(Aphria Inc,TSX:APHA, NYSE:APHA)、オーロラ・カンナビス(Aurora Cannabis Inc, TSX:ACB, NYSE:ACB)、オルガニ...

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です