Aphria CCC

エフィリアの下げが止まらない!?

12/04/2018
2018年11月にNYSEに上場された垂直統合型大麻企業のエフィリア(Aphria Inc, TSX: APHA, NYSE:APHA)のこのところの株価の下げが止まらない。
ここ最近の株式市場全体の下降基調に乗っているだけでなく、昨日ハイデンバーグ・リサーチによるエフィリアの南米投資が疑問視されたレポートが発表されたからだ。

ハイデンバーグ・レポート;
https://hindenburgresearch.com/aphria-a-shell-game-with-a-cannabis-business-on-the-side/

ハイデンバーグのレポートによると、
・エフィリアは株主からの資金を自己流用している疑いがある

・エフィリアがおこなったC$280Mの南米投資は金額の価値に見合うものではない

・C$145Mかけてジャマイカに建てられたオフィスは廃墟のような建物で今年初めに銀行により売られたものだった

・アルゼンチンへのC$50Mの投資で買収された会社の売上はUS$11Mと発表されているが、元従業員によるとUS$430Kだったとのこと

・資料によるとエフィリア関係者がこれらの取引によって利益を享受している可能性が高いと疑っていおり、関係するシェルカンパニーの名前をエフィリアの内部関係者にリンクさせるのが難しくなるように変更していると思われる

などと指摘されている。

このレポートを受けてエフィリアの株価は3日から4日かけて7.9ドルから4.51ドルへと2日間だけでも-43%の下げとなった。
エフィリアはこのレポートに対し、対抗声明を発表し、9月末までに完了していた南米やジャマイカ、ブラジルなどでの事業展開は順調に進んでいる詳細をアップデートした。

LATAMの買収に関して;
・透明性を確保し、エフィリアとSOLグローバルインベストメントは姉妹会社ではなく、姉妹会社であったこともない。

・エフィリアの取締役会はファイナンシャルアドバイスと公平な意見をコーマーク・セキュリテシーズから取得していた。

・買収価格は他のカナダのLPが南米の会社を買収しているものと比べても妥当な額である。

・この買収によってのエフィリア株の希釈化は最小限に抑えられた。

・両社は法規制の精査も満たしていた。

・エフィリアの代表者はコロンビア、アルゼンチン、ジャマイカ、ブラジルに出張し、デューデリを行い、交渉をまとめるために、先方の会社役員や自治体と面談を行ってきた。

・エフィリアは、取引終了時に存続した広範な表明、保証、約定、条件および補償を含む取引に関連して、SOLと交渉した株式購入契約を締結した。

・エフィリアは、取引を発表したプレスリリースにおいて、エフィリアの一部の内部者がSOLの最低株式およびワラントを所有しており、かかる内部者が取締役会にそのような利益を開示し、 取引は議論され、取引を承認する決議に投票した。

・取引が完了した後、当社は各管轄区域で業務を正常に統合している。

また、各地区における更新情報も発表している。
<ジャマイカ>
・マリゴールドは完全に稼働しており、Tier3の栽培ライセンスを取得しており、5エーカー以上の場所で医療や薬品向け大麻の栽培が許可されている。

・研究開発ラインセンスを取得。

・条件付きTier2ライセンスを取得。200m2の土地で医療用、薬用の大麻製剤の製造が可能。

・条件付きリテイルショップ免許を取得。この免許では医療やセラピューティック用カンナビス製品を旅行者を含む消費者へ販売とその場で消費させることができる。

・22名の従業員を確保。製造運営を行なっている。

<アルゼンチン>
・アルゼンチンでの子会社ではるABPはすでに小児病院へ1500ボトルのCBDオイルを納品。100人のてんかん患者が今後2年半にわたって研究に関与する。

・2018年10月25日にISO 9001の検査を受けるために、ABPは2018年10月に建物の改装を行なった。

<コロンビア>
・90%取得しているコルカンナSASは大麻栽培、製造、抽出、輸出、研究、商業利用などに関する全てのライセンスを取得済み。

・コルカンナの34エーカーの土地は肥沃な土地で、大麻の栽培効率を最適化する。また温室にはすでに母株を栽培済み。

・コルカンナは年間3万kg〜5万kgの製造量を予定している。

・48名の従業員がすでに栽培や先鋭的なビジネス開発などに関わっている。

もっと詳しく確かめたい方は、エフィリアのリリースとハイデンバーグのリサーチペーパーを確認してほしい。

Original Source;
https://aphria.ca/blog/aphria-unequivocally-stands-behind-its-latam-operations/

https://hindenburgresearch.com/aphria-a-shell-game-with-a-cannabis-business-on-the-side/

関連記事

大麻・カンナビス企業/売上トップ37ー2018年11月... 12/05/2018 アメリカとカナダの証券取引所に上場されている大麻関連企業37社の四半期売上げをカンナビストック・ジェーピーで円換算してランキング掲載しております。 1位はトゥルーリーブの31.1億となっており、2位はオーロラ・カンナビスの24.5億、キャノピー・グロース は7位で19.2億...
大麻・カンナビス企業/売上トップ28ー2018年9月... 09/27/2018 ニュー・カンナビス・ベンチャー(New Cannabis Venture)は、アメリカとカナダの証券取引所に上場されている公開企業の9月25日時点・四半期売上げ上位27社を発表した。 カンナビストック・ジェーピーでは8月時点での発表ランキングの数字も合わせて28社とした。 ...
ティルレイがチリのアレフ・バイオテクノロジーを買収... 10/09/2018 ティルレイ(Tilray, Inc, NASDAQ: TLRY)はこれまでも南米・チリでの事業パートナーだったアレフ・テクノロジー(Alef Biotechnology SpA)を買収し、チリへの輸出・流通、南米での拠点設立を推し進めることを発表した。 買収金額はC$5M(...
クロノス・グループの第3四半期決算は売上186%%UPの3.2億円... 11/13/2018 早くからNASDAQ市場に上場している垂直統合型大麻企業のクロノス・グループ(Cronos Group Inc, NASDAQ: CRON)が第3四半期決算を発表した。 <第3四半期ハイライト> ・売上は3.2億円となり前年同期の2億円から186%の伸び。 ・カ...

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です