ティルレイが2022年度Q2の決算報告

01/10/2022
<要点>
・EPS⭕️ 予想-$0.08, 実績$0.00
・売上❌ 予想$171.57M, 実績155.15M
・四半期売上は、前期売上$168Mから今期$155Mに減少、前年同期比では20%増
・純利益は前年同期比95百万ドル増の6百万ドル
・調整後EBITDAは1,380万ドルで、11四半期連続で黒字を達成
・現在までに7,000万ドルのコスト・シナジーを達成、当初計画の8,000万ドルを前倒しで達成し、2023年度にはさらに2,000万ドルのシナジーを創出する予定
・欧州における医療用大麻のリーディングカンパニーであり、ドイツにおける市場シェアは約20%。

ティルレイ:Tilray, Inc.(Nasdaq: TLRY; TSX: TLRY)は、2021年11月30日に終了した第2会計四半期の財務実績を報告した。本記事に記載されているすべての財務情報は、特に明記されていない限り、米ドルで報告されている。
これは、ティルレイがカナダのLPから、大麻とライフスタイルのCPGブランドで市場をリードするポートフォリオを持つグローバルな消費者向けパッケージ商品会社へと進化したことを反映している。

アーウィン・D・サイモン(Tilray会長兼最高経営責任者)は、
「ティルレイの第2四半期の業績は、高品質で人気の高い大麻およびライフスタイルCPGブランドの構築に成功したことを反映しています。これに加えて、ティルレイの規模、卓越したオペレーション、広範なグローバル流通が相まって、業界特有のマクロ経済的な逆風にもかかわらず、ティルレイは売上を伸ばし、売上性を維持することができました。
主要市場での業績ハイライトを見ると、カナダでは、市場の飽和とそれに伴う競争上の課題にもかかわらず、ティルレイのブランド力と巧みな価格設定およびマーケティング調整により、大麻市場シェア1位の地位を維持できました。重要なのは、これらの調整によって、市場が適正規模になったときに、積極的にシェアを取り戻すことができると考えていることです。欧州最大かつ最も売上性の高い医療用大麻市場であるドイツでは、ティルレイの約20%のシェアが市場をリードしています。新連立政権のもとで合法化が加速している成人用市場においても、ティルレイのインフラと相まって獲得できるものと考えています。米国に目を向けると、「SweetWater Brewing」と「Manitoba Harvest」は、認知度と流通を高めるために、製品の革新と買収への投資を続けています。当四半期末には、Breckenridge Distilleryを買収し、スピリッツ製品のポートフォリオを拡充しました。これにより、急成長中のスピリッツ分野におけるティルレイの存在感が高まるとともに、売上への直接的な貢献が期待できます。
ティルレイの業績、展望、グローバルなプラットフォームを総合すると、大麻とライフスタイルのCPGパワーハウスとしての成功と、株主価値の提供への絶え間ない注力によって、Tilray Brandsの機会はこれまでと同様に魅力的なものとなります。」
と述べている。

財務ハイライト – 2022年度第2四半期

・純利益は、前年同期の89百万ドルの純損失から6百万ドルに増加。
・純収入は、前年同期の129百万ドルから20%増加し、155百万ドルとなりた。この増収は、大麻収入が7%増の5,880万ドル、SweetWater社の飲料用アルコール純収入1,370万ドル、Manitoba Harvest社のウェルネス事業収入1,380万ドルなどによるものだ。
・2022年第2四半期の調整後EBITDAは13.8百万ドルで、前四半期に比べて8%増加し、11四半期連続で調整後EBITDAがプラスとなりた。
・売上総利益は32.8百万ドルで、前年同期の35.3百万ドルから7%減少した。
・大麻事業の調整後売上総利益率は43%と引き続き好調。
・カナダでは、医療用大麻と成人用大麻の包括的なブランドポートフォリオを有し、大麻草とプレロールでトップの座を占めるなど、大麻市場シェア第1位を維持1。
・国際的な医療用大麻市場のリーダーであり、ドイツ2では市場シェア約20%で1位。
・アフィリアとティルレイの統合によるコストシナジーは、現在までにランレートベースで7,000万ドルを達成し、実際のキャッシュセービングは現在までに3,600万ドル近くとなっている。2022年5月31日までに8,000万ドルのシナジー効果の目標を前倒しで達成し、2023年度にはさらに2,000万ドルのシナジー効果を見込んでいる。

戦略的成長アクション

・2021年12月21日、SweetWater社は、受賞歴のあるクラフトビールブランドであるAlpine Beer社とGreen Flash Brewing社を買収した。
・2021年12月8日、TilrayはBreckenridge Distilleryを買収し、米国での戦略的ポジションを強化した。
・2021年11月4日、SweetWaterは、カナダの大麻ブランド、RIFFとのクロスブランドコラボレーションによる新しいレディトゥドリンクカクテルでスピリッツカテゴリーに参入。
・2021年10月26日、ティルレイは、ルクセンブルグでの医療用大麻契約による欧州展開を発表した。
・2021年10月20日、ティルレイはカナダ全土での成人用大麻販売のためのGreat North Distributorsとの販売契約拡大を発表した。

主要市場での成長と高い可能性

・ドイツでは市場をリードする立場にあり、娯楽目的の合法化から利益を得ることができる。ティルレイは現在、ドイツ政府に国内で栽培された医療用大麻を供給している唯一の企業でもある。EU GMP認証を取得したドイツの最先端の栽培施設は、ドイツの新連立政権が推進している合法化に伴い、娯楽市場への参入を即座にサポートするための追加能力を有している。

・EU全域での継続的な進展 – EU全域でのTilrayの成功は、ティルレイにとって潜在的に10億ドルの価値を持つ強力な成長市場であり、ポルトガルとドイツにある2つの最先端の栽培施設が、EU GMP認証を受けた医薬品グレードの医療用大麻を地域全体に提供していることに支えられている。また、ティルレイは欧州でEU GMP認証を受けた大麻施設を2つ持つ唯一の企業だ。この比類のない生産能力と、ドイツ、英国、その他の主要市場での大手流通チャネルを通じたティルレイの販売体制、地方自治体との強固な関係、患者からの信頼などが相まって、ティルレイは加速的な成長を遂げることができる。

・カナダの大麻市場シェアNo.1 – 競争が激しく飽和状態の市場の中で、ティルレイは42.6億カナダドルのカナダ大麻市場のマーケットリーダーであり続けている。その原動力は、あらゆる消費者層を対象とした厳選されたブランドのポートフォリオ、医療用、健康用、濃縮液、食用剤、飲料などの革新的な大麻2.0製品、加工能力、流通だ。飽和状態の市場に対応するため、Tilrayは戦略的な価格調整を実施し、Rose Life Sciences社およびGreat North Distributors社との全米規模の契約を通じて流通を拡大し、製品イノベーションを倍増・加速させている。
・現在、相当なキャッシュフローを生み出しており、連邦政府による合法化後は大麻製品にすぐに活用できる、米国を代表するCPGプラットフォーム – 米国では、Tilrayの事業会社には、全米11位のクラフトビールメーカー3であり、ライフスタイルブランドの代表格であるSweetWaterと、ヘンプ、CBD、ウェルネス製品のパイオニアであるManitoba Harvestがある。これらを合わせると、売上高は約1億ドル、EBITDAおよびキャッシュフローはプラスであり、近い将来、合法化されればCBDの隣接領域やTHCベースの製品にも拡大する予定だ。さらに、ティルレイは、MedMen Enterprises Inc.(CSE: MMEN) (OTCQX: MMNFF)の発行済み上位担保付き転換社債の過半数を取得するなど、米国のプラットフォームの構築を進めている。これは、連邦政府による大麻の合法化にともない、米国の大麻市場をリードするという目標を実現するための重要なステップとなる。

ティルレイについて
Tilray, Inc.(Nasdaq: TLRY; TSX: TLRY)は、カナダ、米国、欧州、オーストラリア、中南米で事業を展開する世界有数のカンナビス・ライフスタイルと消費者向けパッケージ商品の企業で、心、体、魂のニーズを満たし、幸福感を呼び起こす製品を提供することで、世界中の人々が最高の人生を送れるように刺激し、力を与えることで、人々の生活を一度に一人ずつ変えている。ティルレイの使命は、高品質で差別化されたブランドと革新的な製品を通じて、栽培体験と健康と幸福を提供することで、患者と消費者にとって信頼できるパートナーとなることだ。大麻の研究、栽培、流通のパイオニアであるティルレイの前例のない生産プラットフォームは、総合的な大麻の提供、ヘンプベースの食品、アルコール飲料など、20カ国以上で20以上のブランドを支えている。
ウェルビーイングの世界をどのように切り開いていくのか、詳しくはwww.Tilray.comまで。


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です