大麻データ企業・ TILTが第1四半期売上は37.8億円と発表

5/31/2019
大麻企業やディスペンサリーにPOSやCRMデータなどのビッグデータを提供するBaker等を抱えるティルト・ホールディングス(TILT Holdings Inc, CSE:TILT, OTCQB:SVVTF)が2019年第1四半期決算を発表した。

<決算ハイライト>

・監査前の数字で見ると、第1四半期売上は44億円($40M)となり、前年度より169%UP。

・プロフォーマベースでの調整後EBITDAマージンは18.4%となり、前年同期比で330ベーシスポイントUP。

・ジュピター・リサーチ(Jupiter Research)、ブラックバード(Blackbird)、スタンダード・ファームス(Standard Farms)の買収が完了。カンナビス・大麻業界向けの包括的ソリューションプロバイダーとしての地位を確立。

・マサチューセッツ州で、サードパーティーのクライアント向けに製造サプライチェーンのパートナーシップを開始。

・ロスアンジェルス地域でオンデマンドの大麻デリバリーサービスを開始。

・ティルトの持つソフトウェアおよびサプライチェーンサービスとの統合により、カリフォルニア州でのジュピター・リサーチの拡販を実施。

・OTCQBベンチャーマーケットへ株式を上場。

・マーク・スキャッタデーを暫定最高経営責任者に任命。

ティルト・ホールディングスは;
大麻・カンナビス企業に向けて、様々なフォームファクタやベポライザー、1,500以上のディスペンサリーが使用しているCRMや幅広いソフトウェア製品を提供している。ティルト・ホールディングスはマサチューセッツ州ケンブリッジに本社を置き、米国、トロント、ロンドンにオフィスを構え、従業員は500人超、米国40州、カナダ、ヨーロッパで販売を行っている。

Source;
https://investors.tiltholdings.com/press-releases/detail/45/tilt-reports-record-first-quarter-2019-revenue

—————————
<<新刊発売のお知らせ>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、大麻産業の”今”が理解できるでしょう。
—————————

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です