Elixinol Revenue for Q2 2018

urban-gro、21年売上高を68億円と発表、受注残は33億円以上に拡大

01/05/2022
アーバン・グロ:urban-gro, Inc.(Nasdaq: UGRO)は、2021年12月31日に終了した通期の財務実績(速報値)を報告した。

アーバン・グロ会長兼CEO、ブラッドリー・ナットラスは、
「2021年はアーバン・グロにとって例外的な年であり、事業面でも財務面でも期待以上の成果を上げられたことを嬉しく思っています。2022年に向けて、アーバン・グロは多様化したグローバルCEA市場で力強さを発揮し、新規および既存のお客様との間で引き続き大きな勢いを享受しています。
さらに、過去最高の連結受注残高は、アーバン・グロの成長戦略の実行を証明するものです。受注残高の増加は、2021年の2WR+の買収に伴うサービス事業にも及んでおり、非常に好調に推移しています。さらに、2022年には新たな関連機器の契約による多額のウォーターフォール収益を見込んでおり、これらのサービス契約のさらなるメリットはまだ実現していません」
と述べている。

<2021年通期業績の速報値>
urban-groは、2021年11月9日に発表したガイダンス(6,000万ドル以上)を上回る約6,200万ドルの収益を見込んでいる(暫定値、未監査)。これは、2020年度の2,580万ドルと比較して140%以上の成長を意味する。
また、2,500万ドル以上の機器と500万ドル以上のサービス契約で構成される、3,000万ドルを超える過去最高の連結バックログを持って年度を終えることを見込んでいる。
urban-groは、2021年第4四半期の調整後EBITDAが220万ドルを超え、2021年度通期では2020年度通期から290万ドル以上改善すると見込んでいる。
(連結受注残高とは、契約上約束された機器やサービスの注文のうち、手付金を受領したもので表される未実現収益)

urban-gro, Inc.について
urban-gro, Inc.® (Nasdaq: UGRO)は、商業用大麻および食品に特化した屋内管理型環境農業(CEA)施設のための、建築、エンジニアリング、栽培システムを完全に統合した企業だ。urban-groのgro-care®マネージドサービスプラットフォームは、同社の専門知識を活用し、ダウンタイムの削減、継続性の提供、施設の最適化を実現する。urban-groは、食品と大麻の両方のCEAセクターにおいて、作物にとらわれないソリューションプロバイダーとして活動しており、作物に特化したエンド・ツー・エンドのアプローチにより、栽培オペレーションのあらゆる側面において単一の責任を提供している。urban-gro.comでは、栽培者が植物を育て、利益を上げるためにアーバン・グロがどのように支援しているかを確認できる。


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。