大麻・カンナビス企業/売上トップ39ー2021年2月

02/28/2021
アメリカとカナダの証券取引所に上場されているグリーンラッシュを牽引する大麻関連企業39社の四半期大麻売上げをカンナビストック・ジェーピーで円換算しランキング掲載している。

肥料などを大麻企業にも提供しているスコッツ・ミラクル・グロ(Scott’s Miracle-Gro, NYSE:SMG)が1位をキープ。
20位には10位のアフリアと合併予定のティルレイが先月末22位よりランクアップ

New Cannabis Ventureの集計によると、この中で調整済み営業利益で黒字を出しているのは下記企業となっている。
グリーン・サム・インダストリーズ(Green Thumb Industries OTC:GTBIF)
クレスコ・ラボ(Cresco Labs OTC:CRLBF)
トゥルーリーブ(Trulieve OTC:TCNNF)
グロージェネレーション(GrowGeneration NASDAQ:GRWG)
エア・ウェルネス(Ayr Wellness OTC:AYRWF)
テラセンド(TerrAscend, OTC:TRSSF)
イノベーティブ・インダストリアル・プロパティーズ(Innovative Industrial Properties NYSE:IIPR)
ターニング・ポイント・ブランズ(Turning Point Brands NYSE:TPB)
プラネット13ホールディングス(Planet 13 Holdings ITC:PLNHF)
ハーバーサイド(Harborside OTC:HBORF)
ハイ・タイド(High Tide OTC:HITIF)
ビレッジ・ファームス(Village Farms NASDAQ:VFF)
インダス・ホールディングス(Indus Holdings OTC:INDXF)
マリメッド(Marimed OTC:MRMD)


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です