Elixinol Revenue for Q2 2018

屋内栽培機器のアグリファイがNASDAQキャピタルマーケットに上場

01/28/2021
屋内農業市場向けの高度で独自の精密なハードウェアとソフトウェアによる栽培ソリューションを開発するアグリファイ(Agrify Corporation, NasdaqCM:AGFY) (以下「Agrify」)は、5,400,000株の普通株式を1株あたり10ドルの価格で、総額5400万ドルの新規株式公開買付けを実施することを発表した。この普通株式は、2021年1月28日にナスダック・キャピタルマーケットで「AGFY」のシンボルマークで取引が開始される。
Maxim Group LLCとRoth Capital Partnersが、本募集の共同引受人を務める。
アグリファイは、引受人に45日間のオプションとして、上限810,000株の普通株式を追加で購入する権利を付与している。本募集は、通常の終値条件に従い、2021年2月1日に終了する予定。

アグリファイは、屋内農業市場向けのプレミアム栽培ソリューションを開発している。データ、科学、テクノロジーを駆使して、顧客がより効率的に、より生産的に、よりインテリジェントにビジネスを運営できるように支援している。高度に進化した独自のハードウェアとソフトウェアのソリューションは、顧客が最高の品質、一貫性、収量を可能な限り低コストで達成できるように設計されている。

Source:
https://ir.agrify.com/news-releases/news-release-details/agrify-corporation-announces-pricing-upsized-54-million-initial


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です