Canopy LATAM Chile

アセンドが投資契約の一方的終了に対してメッドメンに抗議

01/03/2022
複数州にまたがる垂直統合型の大麻事業者であるアセンド・ウェルネス・ホールデングス:Ascend Wellness Holdings, Inc.(“AWH” or the “Company”) (CSE: AAWH.U) (OTCQX: AAWH) は、メッドメン:MedMen Enterprises Inc.(CSE: MMEN) (OTCQX: MMNFF) が両者間で以前発表された最終投資契約(以下「投資契約」)に重大な違反をしていると発表。AWHは必要な規制当局の承認を受けた後、メッドメンに対し、AWHに有利なすべてのクロージング条件を放棄し、投資契約で決められた5営業日の期間内に取引を完了するよう要請した。AWHは、この取引を完了するために何度も試みたが、MedMenがニューヨーク州から最終承認を受け、AWHがすべてのクロージング条件を放棄したにもかかわらず、投資契約を一方的に終了させようとしているという通知を受けた。これは、投資契約に基づくMedMenの取引完了義務に対する重大な違反となる。
MedMenは、この取引を承認したニューヨーク州の大麻管理局および大麻管理委員会の決定に異議を唱え、これを無視している。MedMen社は当初、2021年3月にニューヨーク州の規制当局に本取引の承認を求めていた。その後、規制当局はその要求に応じたが、現在、MedMen社は、Office of Cannabis Managementの明確な規制当局の承認に異議を唱え、取引の締結を拒否し、取引を終了させようとしている。
AWH社は、ニューヨークの医療用マリファナプログラムを終了させ、患者にサービスを提供することを引き続き約束する。AWHは、ニューヨーク州のOffice of Cannabis ManagementおよびCannabis Control Boardと協力して、ニューヨークの医療用マリファナプログラムを成長させ、成人用プログラムを開始するにあたり、患者さんへのアクセスを増やすつもりだ。
ニューヨーク州や他の州が成人用大麻を採用する中で、MedMen社の行動は最悪のメッセージ、すなわち、特定の大麻会社が約束を守ることができないというメッセージを送ることになる。AWHは、MedMenがニューヨーク、自社の投資家、そしてAWHに対して行った約束を守り、速やかに取引を完了することを求めている。AWHは、MedMenが投資契約を守り、取引を完了するよう促すためのあらゆる手段を引き続き追求していくとしている。


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。