Elixinol Revenue for Q2 2018

ヘクソはQ2決算で売上20億円を見込むも減損230億円規模を想定

03/19/2020
カナダで消費者向け大麻製品を販売しているヘクソ・コープ(HEXO Corp, TSX:HEXO, NYSE:HEXO)は、第2四半期に売上約20億円を生み出しているが、約230億円規模の減損費用が発生すると発表している。
2020年1月末で締めた第2四半期(Q2)の決算報告期日は3月16日だったが、減損処理が複雑なため、報告書提出の遅延が発生すると発表した。
発表資料によると、ヘクソが保有する栽培施設の売却がすでに決定されている。理由は、カナダにおける大麻製品の需要拡大が予想よりも遅く、また大麻の供給過多の状況も鑑みた結果とのこと。
また資料では、カナダでの小売店の展開が予想よりも遅く、大麻デリバティブ製品の政府による承認が遅れているため、流通チャネルが制限され、市場全体の売り上げと収益性に悪影響が出ていると述べられている。
減損評価は現在進行中であり、最終的な結論に達していない。ただし、減損損失は220億円〜230億円程度になる模様。
ヘクソはこれまで、主に株式および負債による資金調達を通じて運転資本としてきたが、追加の資金調達が可能になるという保証や、かかる資金調達が合理的な条件で利用可能であるという保証は無く、現在までの累積損失は、継続企業として不確実性の存在を示している。

Source;
https://www.globenewswire.com/news-release/2020/03/17/2001729/0/en/HEXO-CORP-ANNOUNCES-DELAY-IN-FILING-OF-INTERIM-FINANCIAL-STATEMENTS-AND-PROVIDES-CERTAIN-FINANCIAL-RESULTS-FOR-Q2-2020.html


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です