Elixinol Revenue for Q2 2018

パンデミック後の大麻企業はどうなる?

04/20/2020
大麻企業は今、以前の楽観的な業界予想の肥大したバリュエーションから一転し急速に縮小している。そしてCOVID-19の発生と世界的パンデミックは状況をさらに悪化させ、投資家は今、単に生き残るだけの企業を探しているようだ。

経済情報サイトのマーケットウォッチでは、2つの銘柄を挙げている。
キャノピー・グロース(Canopy Growth Corp, NYSE:CGC)とクロノス・グループ(Cronos Group Inc, NASDAQ:CRON)だ。
安全性の基準として現金保有と備蓄している大麻量を挙げており、その基準においてはいくつか他の企業も挙げている。

2018年にコンステレーション・ブランズ(Constellation Brands Inc, NSE:STZ)から4400億円もの投資を受けたキャノピーは、これまで拡大路線で設備投資やM&Aに多額の資金を投下してきたが、既報の通り、世界戦略を見直し、急速に事業を縮小化して、業務改革を行っている。

一方クロノス・グリープもタバコ会社のアルトリア(Altria Group Inc, NYSE:MO)からの投資を受け現在も1661億円相当の現金を保有している。
ただし、クロノスについては、市場シェアも大きくなく、目立った活動も少ないことを、投資家から突っ込まれることも多い。

米国では、連邦法で大麻自体が禁止されているため、資本へのアクセスは依然難しく、企業存続の可能性はさらに不透明だ。これは、大麻企業に対しては連邦政府からの救済資金がないことと、11の娯楽大麻合法州と33の医療大麻合法州での事業に限定されているためである。

企業においては、
「キャッシュ イズ キング」
の格言がある通り、現金保有が高い企業が生き残る可能性が高い。

マーケットウォッチでは、
グリーン・サム・インダストリーズ(Green Thumb Industries Inc, OTC:GTBIF)、
トゥルーリーブ・カンナビス(Trulieve Cannabis Corp, OTC:TCNNF) 、
キュラリーフ・ホールディングス(Curaleaf Holdings Inc, OTC:CURLF) 、
の3社を比較的強いバランスシートを持っているとして挙げている。
またこれまで以上に現金調達が難しくなり、特に小さい取引所に上場している企業は資金調達に苦しむだろうと予測している。

下記は、いくつかの大麻企業の財務指標グラフだ。
コロナ騒動が今後どのような影響を与えていくのか?注目していきたい。


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です