オルガニグラムが従業員の25%を削減へ

07/05/2020
垂直統合型大麻企業のオルガニグラム(Organigram Holdings Inc, TSX:OGI, NASDAQ:OGI)は、世界的なCOVID-19パンデミックとカナダの大麻産業の継続的な発展に関連した最近の動向について、アップデートを行った。

オルガニグラムは、市場の実勢に合わせて生産能力を向上させるため、従業員を約25%削減した。この決定は、一時的なレイオフではない少数の従業員を含め、約220人の従業員に影響を与える。今後はニューブランズウィック州モンクトンの屋内生産施設で稼働している約433人の現役従業員からなる、熟練した、よりスリムで機能的なクロスファンクショナルな従業員で事業推進していくと発表している。オルガニグラム社の全従業員数は609名で、この中には一時的なレイオフ中の84名の従業員が含まれているが、業務上の必要に応じて再雇用される予定とのこと。

オルガニグラムのグレッグ・エンゲルCEOは、
「このような決定は決して簡単なことではありませんが、当社は市場の状況に応じて適切な規模の会社でいることに尽力しています。COVID-19パンデミックの間、オルガニグラムは、生産施設の内外を問わず従業員の健康と安全を守ることを最優先事項とし、事業の継続性を維持することにも注力してきました。従業員が減少してもなお、当社は現在および予想される短期的な需要レベルを引き続き満たすことができると確信しています。」
と述べている。

当面の間、オルガニグラムはモンクトンキャンパスが当初設計した大麻の目標生産能力を下回りはするが、新品種を市場に投入し、新たな消費者の需要に対応するために乾燥大麻から生産するテトラヒドロカンナビノール(THC)とテルペンのプロファイルを高めることに焦点を当てて、大麻栽培を継続する予定である。

オルガニグラムは、2020年5月31日に終了する中間期の中間財務諸表、中間経営陣による検討・分析および関連証明書(以下、「第3四半期中間提出書類」)の提出時期を1週間程度延期することも合わせて発表した。

オルガニグラムは、カナダの証券規制当局が付与した包括的な免除措置を利用して、国税庁51-102「継続的開示義務」に定められた期限に従って、2020年7月15日までに提出しなければならない第3四半期中間報告書の提出を遅らせることを認めている。
第3四半期の決算報告は、2020年7月21日に提出を予定している。第3四半期中間報告書が提出されるまでの間、オルガニグラムの経営陣およびその他のインサイダーは、包括的な救済措置の条件に従い、トレーディングブラックアウトの対象となる。

COVID-19に対応する2020年度第3四半期のタイミングと市場ダイナミクスの変化を考慮すると、2020年度第3四半期の純収益が第2四半期に計上された重要性の低い卸売収益の影響を受けて、2020年度第2四半期と比較して減少すると予想している。また、2020年第3四半期の販売費及び一般管理費(SG&A)は、2020年第2四半期と比較して減少すると予想している。オルガニグラムは、市場の需要に合わせて生産量を適正化し、資産の帳簿価額を見直しているため、在庫のマイナス調整とモンクトン施設の資産減損を計上する見込みである。新たな生産レベルと手元在庫に基づき、オルガニグラムは現在、ダイナミックな市場における新たな嗜好に合わせて事業を調整していく中で、消費者の需要を満たすことができると予想しているとのこと。

Source;
https://investors.organigram.ca/press-releases/organigram-provides-update-on-covid-19-corporate-action-plan-and-timing-for-q3-results


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です