大麻・カンナビス企業/売上トップ35ー2020年6月

06/02/2020
アメリカとカナダの証券取引所に上場されているグリーンラッシュを牽引する大麻関連企業35社の四半期大麻売上げをカンナビストック・ジェーピーで円換算しランキング掲載している。

今月から肥料などを大麻企業にも提供しているスコッツ・ミラクル・グロ(Scott’s MIracle-Gro, NYSE:SMG)もランキングに組み入れた。その結果、てんかん薬「エピディオレックス」を販売するGWファーマ(GW Pharma, NASDAQ:GWPH)は2位となり、その他グリーン・サム・インダストリーズ(Green Thumb Industries, OTC:GTBIF)キュラリーフ(Curaleaf, OTC:CURLF)トゥルー・リーブ(Trulieve, OTC:TCNNF)キャノピー・グロース(Canopy Growth Corporation, TSX:WEED, NYSE:CGC)らが先月からワンランクダウンでスライドした形となった。
引き続きコロナの影響は免れないが、大麻株は比較的この状況でも強い耐性を持っていることが示されている。今後アメリカやカナダを襲う第2波の影響と、11月に控えている大統領選によって、どのような勢力地図に塗り変わっていくか、今後も注目していきたい。


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です