プラネット13が4月20日に1日最高売上を記録

4/23/2021
ラスベガスで大麻ディスペンサリーを運営する垂直統合型大麻企業のプラネット13(Planet 13 Holdings Inc. (CSE:PLTH)(OTCQB:PLNHF))は、マリファナデーである4月20日に1日としては最高となる$543,000(約6000万円)の売り上げを記録したと発表。

プラネット13の共同CEOであるラリー・シェフラーは、
「大麻の需要と受容は全米で高まっていますが、ラスベガスほどその傾向が顕著な場所はありません。ラスベガスに戻ってきた観光客にとって、プラネット13は大麻と素晴らしいエンターテイメントの代名詞となっています。
需要が圧倒的に多いので、処理能力を効率化するために多くの改善を行っても、まだすべての需要を取り込むことはできません。5月1日のCOVID規制の緩和と、空前のお客様の急増に対応するための売場と販売拠点の倍増に向けた拡張に期待しています。」
と述べている。

Source; https://irdirect.net/prviewer/release_only/id/4699525


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です