Curaleaf CBD

キュラリーフがQ2決算を発表

08/10/2021
Selectブランドなどを展開するキュラリーフ(Curaleaf Holdings, Inc. CSE:CURA, OTCQX:CURLF)が第2四半期(Q2)決算を発表。

<第2四半期のハイライト>

・売上高は、前四半期比20%増、前年同期比166%増の3億1200万米ドル。

・米国事業の売上高は、前四半期比18%増の3億700万ドルで、ガイダンスの範囲内。

・売上総利益率は、既存の栽培施設の歩留まり向上と最新の施設の稼働により、前年同期比669ベーシスポイント増の約50%。

・販売管理費は8,800万ドル。Curaleaf Internationalを除くと、販管費は売上高の26.4%を占め、営業効率の向上により前四半期比435ベーシスポイントの改善となった。

・調整後EBITDAは84百万ドルに達し、前年同期比で201%増加し、マージンは27.0%。Curaleaf Internationalを除くと、利益率は前四半期比400ベーシスポイント拡大し、28.1%。

・欧州最大の垂直統合型独立大麻企業であるEMMAC社の買収が完了。Curaleaf International社の事業基盤を構築しました。

・5月には、コロラド州で66エーカーの屋外栽培を行っているLos Suenos社の買収に合意。

・上半期に約25万平方フィートのフラワーキャノピーをオンライン化し、2021年下半期にはさらに約4万平方フィートの増設を予定。

・イリノイ州、ペンシルバニア州、ニュージャージー州、メイン州に新たに5店舗をオープンし、合計107店舗に。

・ローリングストーン社との長期的な戦略的パートナーシップを開始し、ネバダ州における当社のSelectブランドと運営経験を活用。


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です