Aphria Nova Scotia

フラワーワンが屋内大麻栽培施設を大麻REIT企業に22億円で販売

09/18/2019
ネバダ州を中心に大麻事業を運営するフラワー・ワン・ホールディングス(Flower One Holdings Inc, CSE:FONE, OTCQX:FLOOF)は、北ラスベガスにあるニーハム・プロパティ(Neeham Property)を含む25000スクエアフィートの屋内大麻栽培生産施設を、ツリーハウスREIT(Treehouse Real Estate Investment Trust, Inc.)へ販売しリースバックする契約を結んだことを発表した。
フラワー・ワンは2020年の第2四半期までに、このニーハム・プロパティに最高峰の商業用大麻栽培生産施設の建設をスタートさせる予定で、ツリーハウスはこのニーハム・プロパティを22億円($20M)で購入する。

フラワー・ワンは子会社を通してニーハム・プロパティをツリーハウスから10年間の延長オプション付きで20年間リースする。また、契約の一部には、今後ツリーハウスが5年間の優先販売リースバック権をフラワー・ワンに与えることも含まれている。

Source;
https://www.newswire.ca/news-releases/flower-one-signs-sale-leaseback-agreement-with-treehouse-real-estate-investment-trust-a-leading-cannabis-reit-813442461.html

—————————
<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。
—————————

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です