IIPR

大麻関連REITのIIPRが110億円規模の転換社債の募集を開始

02/13/2019
大麻事業に特化した不動産REITを運用するイノベーティブ・インダストリアル・プロパティーズ(Innovative Industrial Properties, NYSE:IIPR)は本日、同社の業務提携子会社であるIIPオペレーティング・パートナシップ(IIP Operating Partnership、LP)が、転換社債の募集を開始したと発表した。
元本約110億円規模となり、オーバアロットメントのオプションが行使されれば16億円分が追加される。償還期限は2024年となっており、転換社債は現金、IIPRの普通株式、または現金と株式の組み合わせによって償還される。
金利や為替レート、その他の金銭的条件はIIPオペレーティング・パートナシップと購入者との交渉によって決定されるとのこと。

IIPオペレーティング・パートナーシップは今後の投資戦略に沿って、調達資金を規制の厳しい大麻栽培および加工産業を支える特別な工業用不動産資産への投資、および一般的な企業目的のために使用するとしている。

この債券は、証券法の下での規則144Aに依拠して、適格機関投資家(1933年証券法の下で修正されたもの(「証券法」)の下で定義されたもの)に対してのみ提供される。

Original Source;
http://investors.innovativeindustrialproperties.com/press-releases/2019/02-13-2019-212047220

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です