グロージェネレーションがQ2決算を発表

08/12/2021
大麻企業向けを主に水耕栽培設備などを販売するグロージェネレーション(GrowGeneration Corp. (NASDAQ: GRWG))が、第2四半期決算(Q2)を発表した。

<ハイライト(2020年第2四半期比)>

・2021年第2四半期の売上高は、前年同期の4,350万ドルに対し、190%増の1億2,590万ドルとなった。

・2020年にオープンした24店舗の既存店売上高は、前年同期の3,890万ドルに対し、2021年第2四半期は6,210万ドルとなり、前年同期比で60%増加。

・2021年第2四半期の売上総利益率は、前年同期の26.7%に対して28.4%となり、170ベーシスポイントの上昇となった。

・税引前利益は、前年同期が270万ドルだったのに対し、2021年第2四半期は960万ドル。

・純利益は670万ドル、希薄化後の株式数6,020万株に基づく1株当たりの利益は0.11ドル。

・調整後のEBITDAは、前年同期の440万ドルに対し、2021年第2四半期は1,450万ドル。

・Power SiとChar Coirを含むプライベートブランドの売上高は、前年同期が1%未満であったのに対し、7%となった。

・Eコマースの売上は、Agron.ioおよびすべてのE-コマースサイトを含め、前年同期の330万ドルに対して1,200万ドル。

・2021年6月30日時点の現金および短期証券は1億2,450万ドル。

<2021年半期ハイライト(2020年同期比)>

・2021年6月30日に終了した6ヵ月間の売上は、2020年6月30日に終了した6ヵ月間の7,640万ドルに対し、2億1,590万ドルとなり、1億3,950万ドル(182%)の増加となった。

・売上総利益率は、2020年6月30日に終了した6ヵ月間の26.9%に対し、2021年6月30日に終了した6ヵ月間は28.3%。

・純利益は、2020年6月30日に終了した6ヵ月間の純利益が0.5百万ドルであったのに対し、2021年6月30日に終了した6ヵ月間は12.9百万ドル。

<M&A活動>
・2021年第2四半期に以下の水耕栽培用機器およびオーガニックガーデンセンターを買収。

・2021年4月、当社はミシガン州ウェイン郡にある屋内ガーデンセンター「Downriver Hydroponics」を買収。

・2021年5月、当社は、カリフォルニア州レディングとヘイフォークで事業を展開する北カリフォルニアのガーデンセンター、The Harvest Companyを買収。


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です