クッシュコが2019年第2四半期で240%UPとなる38.7億円の売上を記録

04/11/2019
大麻製品のパッケージをはじめ、カンナビス販売などをクッシュボトルとして事業運営しているクッシュコ・ホールディングス(KushCo Holdings Inc, OTCQB:KSHB)が2019年2月末に締めた第2四半期決算の数字を発表した。

<2019年第2四半期 決算ハイライト>

・四半期売上は前年同期から240%UPとなる38.7億円($35.3M)となり、前期27.8億円($25.3M)からも39%UPとなった。

・GAAP基準で売上利益は12.9%。

・GAAPベースで、2018年度第2四半期の純損失が8.4億円($7.6M)だったのに対し、純損失は9.8億円($8.9M)と拡大。一株当たり損失は、前年同期のマイナス0.12ドルに対し、マイナス0.10ドルと縮小。

<第2四半期 運営ハイライト>

・3つの大規模新規顧客と長期供給契約を締結。今後3年間で最大7,500万ドルの新たな収益が発生し、サプライチェーン構築の確実性を提供。

・著名な投資家であるダニー・モスとCNBCのティム・セイモアを諮問委員会に招聘。

Source;
https://www.kushco.com/press-releases/kushco-holdings-reports-second-fiscal-quarter-2019-results/

—————————
<<新刊発売のお知らせ>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、大麻産業の”今”が理解できるでしょう。
—————————

関連記事

大麻薬局のアップルストア、メッドメンが2019年第2四半期決算を発表... 03/01/2019 大麻のディスペンサリー事業を展開するメッドメン(MedMen Enterprises Inc, CSE: MMEN, OTCQX: MMNFF)が2018年12月末に締めた2019年第2四半期決算を発表した。 <2019年第2四半期決算ハイライト> ・...
大麻オイル製造のメディファーム・ラボが第4四半期決算で8.7億円の売上を記録... 04/03/2019 カナダに本拠地を置く、大麻オイル製造のメディファーム・ラボ(MediPharm Labs Corp, TSXV:LABS, OTCQB:MLCPF)が2018年12月末に締めた第4四半期決算と年度決算の数字を報告した。 <2018年度 第4四半期決算ハイライト> ...
大麻エディブルのプラス・プロダクツが前年同期比776%UP... 03/27/2019 大麻成分含有のエディブル製品を製造販売するプラス・プロダクツ(Plus Products Inc, CSE:PLUS, OTCQB:PLPRF)は、監査前の数字としてだが、2018年第4四半期決算と年度決算の数字を発表した。 年間売り上げは9.2億円($8.4M)となり前年...
大麻REITのIIPRが好調な2018年第4四半期決算を発表... 03/14/2019 NYSEに上場している大麻関連不動産会社イノベーティブ・インダストリアル・プロパティーズ(Innovative Industrial Properties, Inc, NYSE:IIPR)が上場後2年目となる好調な2018年第4四半期決算と年間決算を発表した。 <201...

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です