Canopy LATAM Chile

サニーバが第1四半期の決算を発表ー売上約3億8千万円で35%UP!

08/30/2018
カナダのカンナビス会社サニーバ(Sunniva Inc, CSE:SNN, OTCQX:SNNVF)が好調な第2四半期決算を発表した。

CEOのアンソニー・ホラー博士は、
「カリフォルニア州での大麻産業界においてリーディングカンパニーとなるべく、2019年第1四半期での収穫を目指し、32.5万スクエアフィートの生産施設の完成を急ピッチで進めています。我々の抽出工場は売上をすでに上げ始めており、引き続き垂直統合型の会社として、川上から川下までのビジネス展開をパートナーとのシナジーを生みながら進めていきます。そしてサニーバブランドの様々な製品群をこれから市場に投下していく予定です。また、カナダにおいてもカナダ保健省からライセンスが認可される予定で、75.9万スクエアフィートの生産施設を準備していおり、ナチュラル・ヘルス・クリニック・サービスと通じて製品を供給し、売上拡大を図っていきます。」
と述べている。

<決算ハイライト>

・2018年6月30日に終了した第2四半期および6ヶ月間において、それぞれC$4.5M(約3億8千万円)およびC$9.6M(約7億2千万円)の売上を計上。
・100%子会社のフルスケールディストリビューター、LLC(以下「FSD」という。)の売上は、同期間にC$1.3M(約9千8百万円)とC$3.8M(約2億9千万円)。
・ナチュラル・ヘルス・サービス(NHS)はC$3.2M(約2億4千万円)およびC$5.8(約4億4千万円)だった。診療所およびライセンス・プロデューサーズ(LP)の数の増加が寄与。
・純損失は、前年同期がそれぞれC$10.7M(約8億円)およびC$11.7(約8億8千万円)であったのに対し、2018年の今期および6ヶ月間の純損失はC$4.9M(約3億7千万円)およびC$11.2M(約8億4千万円)。
・高マージンのLP収入の粗利益率は、第2四半期および6ヶ月間において、62%および51%となっており、前年同期の38%および43%から大幅に増加している。

Original Source;
https://www.sunniva.com/wp-content/uploads/2018/08/Sunniva-Inc.-Press-Release-20180829-Q2-2018-Results-FINAL.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。