Sunniva-Cannabis -strategic Ventures

ウェストバージニア州で10社に医療大麻栽培を認可

10/05/2020
ウェストバージニア州の保健公衆衛生局の医療大麻事務所は、医療大麻栽培免許を10社に対して発行したことを発表した。
この免許では、医療大麻患者に対しての、錠剤、オイル、ジェルやクリームなどのトピカル、ベイプなどの吸引用、チンキ、経皮パッチなどの製造向け、医療大麻を栽培できる。
許可を受けたのは下記の10社。

#MEDICAL CANNABIS ORGANIZATIONCITY AND COUNTY
1054Mountaineer Holding, LLCBelle, Kanawha County
1064Harvest Care Medical, LLCKearneysville, Jefferson County
1078Buckhannon Grow, LLCBuckhannon, Upshur County
1102Holistic WV Farms I, LLCBeaver, Raleigh County
1111Verano WV, LLCBeaver, Raleigh County
1010Columbia Care WV, LLCFalling Water, Berkley County
1099Tariff Labs, LLCLeft Hand, Roane County
1166Armory Pharmaceutical, IncBuckhannon, Upshur County
1131Mountaineer Integrated Care, IncFort Ashby, Mineral County
1268Blue Ridge Botanicals, LtdSouthside, Mason County

Source;
https://dhhr.wv.gov/News/2020/Pages/Medical-Cannabis-Growers-Announced.aspx


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です