aurora and alcanna sign agreement

オーロラ・カンナビスが四半期売上82億円となるQ4決算を発表

09/12/2019
垂直統合型大麻企業大手のオーロラ・カンナビス(Aurora Cannabis Inc, NYSE:ACB)は、6月30日に締めた第4四半期決算を発表した。

<決算ハイライト>

・大麻販売からの売上は前期より61%UPの78億円(C$94.6M)。

・カナダ国内での大麻売上は52%UPの37億円(C$44.9M)。

・医療大麻からの売上は10%UPの25億円(C$29.7M)。

・大麻卸販売からは16.6億円(C$20.1M)の売上を記録。

・大麻販売1グラム当たりの現金コストは前期より20%下がってC$1.14となった。

・生産量は前期より86%増えて29,034kgだった。

・大麻販売におけるグロスマージンは3%UPして58%となった。

・オーロラ・カンナビスに登録している医療大麻患者数は10%UPの84,729人となった。またこのプレス発表時には約89,700人となっており6%の増加を記録している。

・調整後EBITDAは9.7億円(C$11.7M)の損失となっているが、前期30.2億円(C$36.6M)の損失からは68%改善している。

<事業ハイライト>

・297億円(C$360M)のクレジット・ファシリティを保全し、将来の設備投資や事業拡張に備えることに成功。

・保有していたザ・グリーン・オーガニック・ダッチマンの28,833,334株を$C3で売却し、71.4億円(C$86.5M)を調達。

<年間決算ハイライト>

・売上が前年から349%UPとなる204.5億円(C$247.9M)を記録。

・大麻販売におけるグロスマージンは前年の65%から55%へとダウンした。

・大麻生産量は57.442kgとなり、販売量は36,628kg。それぞれ920%UPと629%UPとなる。

オーロラ・カンナビスCEOのテリー・ブースは、
「2019年、オーロラは大麻業界において、その開発、リサーチ、生産技術、国際マーケットなどにおいてグローバルリーダーとしての地位を固めてまいりました。我々は戦略的指針をきっちり遂行してまいります。こうした姿勢により今期Q4も大きく売上を伸ばせたと思いますし、今後も業界随一の大麻生産技術を用いて、高品質な大麻を大きな市場へ供給してまいります。」
と述べている。

Source;
https://investor.auroramj.com/news-and-events/press-releases/122920/

—————————
<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。
—————————

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です