Charlottes web

シャーロット・ウェブがアバカス買収でCBDブランドを拡充

03/24/2020
ヘンプ由来の大麻製品を主に製造販売するシャーロット・ウェブ・ホールディングス(Charlotte’s Web Holdings Inc. TSX:CWEB, OTCQX:CWBHF)は、CBD CLINICやCBD Medicというブランドを薬局などで販売しているアバカス・ヘルス・プロダクツ(Abacus Health Products Inc CSE:ABCS, OTCQB:ABAHF)を株式交換によって買収することを発表した。アバカス1株に対してシャーロット・ウェブの普通株0.85株が支払われ、アバカスの株主は38%のプレミアムを受け取る換算となる。買収金額は3月20日時点の株価換算で81.7億円(C$99M)となる。
この買収によってシャーロット・ウェブは、薬局販売に強みを持つアバカスを傘下に治め、垂直統合型のヘンプ由来CBD企業としての立ち位置をより一層強化する。

シャーロット・ウェブのディアニー・エルスナーCEOは、
「この買収によって、我々は事業をより一層拡大していけると信じています。我々の製品群とアバカスの製品群を組みあせることにより、棚を取り合うことなく販路拡大が可能となるでしょう。」
と述べている。

Source;
https://investors.charlottesweb.com/press-releases/press-release-details/2020/Charlottes-Web-to-Acquire-Abacus-Health-Products-for-Combined-35-Marketshare-of-CBD-in-FoodDrugMass-Retail-Channel/default.aspx


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です