Aphria Nova Scotia

コロンビア・ケアが転換社債発行で59億円を調達

06/19/2020
コロンビア・ケア(Columbia Care Inc, CSE:CCHW, OTCQX:CCHWF)は、2023年満期の新株予約権付転換社債を発行し、総額59.4億円($54M)を調達したことを発表した。
新株予約権付転換社債は、2020年6月1日終値の出来高加重平均価格に、20%のプレミアムを加えた3.79カナダドルで普通株式に交換できることになる。

コロンビア・ケアのニコラス・ヴィータCEOは、
「コロンビア・ケアは、信じられないほど厳しいマクロ経済状況にもかかわらず、魅力的な条件で機関投資家の資本市場にアクセスする能力を引き続き実証しており、機関投資家が当社とチームに対して抱いている信頼を裏付けています。これらの資金調達を含め、2020年の創業以来、コロンビアケアは6,500万米ドル以上の新規資本を調達し、希薄化を最小限に抑え、流動性のポジションを強化し、見通しリスクを低減化し、成長戦略の実行を可能にしています。私たちは、全国有数の大麻事業者としての地位と収益性を向上させ、最も業績の良い市場に引き続き資源を配分していきたいと考えています。コロンビアケアは、統制のとれた資本の管理者であることを約束し、2020年に調整後のEBITDAがプラスになるよう、株主価値の創造に引き続き注力していきます。」
と述べている。

Source;
https://ir.col-care.com/news-events/press-releases/detail/88/columbia-care-announces-second-tranche-of-debt-financing


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です