シュワッズ(元メディスンマン)がコロラドのスターバッズ買収を発表

06/08/2020
シュワッズ(Schwazze, OTC SHWZ, 元メディスンマン・テクノロジーズ)は、コロラド州のスターバッズ(Star Buds)14店舗の最終的な買収契約を発表した。

スターバッズは、北米で最も認知されており、場所当たり収益と利益に基づいて成功している大麻小売オペレーターの1つであり、幅広い大麻種のラインナップ、濃縮物、エディブル、チンキ剤、およびクラス最高の顧客サービスを提供している。今回の買収には、コロラド州のフロントレンジ全域にある13の小売事業が含まれ、デンバーに4つのディスペンサリー、オーロラに2つのディスペンサリー、コマースシティ、ウェストミンスター、ルイビル、ロングモント、ニウォット、プエブロ、プエブロウェストの各1つのディスペンサリー、デンバーにある1つの栽培施設が含まれている。

14店舗の買収は、13の異なる株主グループとの契約によって行われる。シュワッズがスターバッズから受け取った2019年の連結、未監査の決算結果に基づくと、買収の結果、合計で約$50Mの利益を確保し、強力なEBITDAマージンを獲得することになる。
シュワッズは、スターバッズの14店舗について、コロラド州マリファナ執行部に所有権変更申請書を提出しており、取引は2020年の第3四半期に完了する見込みで、 この買収は、垂直統合型大麻企業の創出に向けたシュワッズの戦略の次のステップとなる。

Source;
https://ir.schwazze.com/press-releases/detail/121/schwazze-formerly-operating-as-medicine-man-technologies


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です