エリクシノールがCBD事業に専念するため2事業を売却

02/03/2020
オーストラリアを本拠地に事業展開するエリクシノール・グローバル・リミテッド( (ASX:EXL; OTC:ELLXF)は、CBD事業に専念するために、2事業を売却する。
売却される一つはヘンプ・フーズ・オーストラリア(Hemp Foods Australia)で、中国の上場企業・上海顺灏新材料科技股份有限公司(Shanghai Shunho New Materials Technology)に対して、3750万円(A$500K)という、異例の安値で売却される。その結果、エリクシノールは、2019年の財務会計で9.4億円(A$12.5M)の減損処理を行うこととなる。また、オーストラリアで医療用大麻栽培ライセンスを取得する方針を見直し、1年前に2億円(A$2.6M)で買収したヌニャラ(Nunyara)の土地を含む資産を売却し、こちらも3.6億円(A$4.8M)の追加減損処理を行う予定だ。

エリクシノールは2018年、破竹の勢いで業績を伸ばしたが、競合企業の増加にともない内部崩壊を起こしていたようだ。2018年のQ4では8.9億円(A$11.9M)の売上を記録し、前年度から116%の伸長を見せており、2018年度決算では売上27.8億円(A$37.1M)を記録。そのうち88%はCBD事業からのものだった。

2019年のQ1から成長が劇的に鈍化し始め、前期より31%減少したが、アメリカでのCBD事業の中で、低マージンのプライベートレーベル以外へ注力したことにより、前年からは21%増加となっていた。
また、同社はQ3発表に先立ち、日本でのコンプライアンス違反を発見し、この問題により、最終的にはエリクシノールジャパンの株式50.5%を売却している。
先週発表された、第4四半期の売上高は3.3億円(A$4.4M)と急落し、Q3から44%、前年同期からは59%減少したと報告されていた。

Source;
https://www.elixinolglobal.com/site/PDF/2737_0/QuarterlyUpdateandAppendix4C
https://www.elixinolglobal.com/site/PDF/2739_0/SaleofHFAandNunyaraUpdate


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です