キャノピー・グロースが昨対比23%up、売上C$153MとなるQ3決算を発表

02/10/2021
垂直統合型大麻企業大手のキャノピーグロースが、Q3決算を発表した。

<ハイライト>

売上高:
売上高予想:C$149.9Mのところ売上実績 C$153M。
2021年第3四半期には、前年同期比23%増の1億5,300万カナダドルの純売上を達成。9,900万カナダドルの純大麻売上は、カナダのレクリエーション用大麻と海外の医療用大麻の売上が増加したことに牽引された。また、S&Bベポライザー、This Worksの健康&ウェルネス製品、BioSteelの売上の増加が、全体の純売上の増加に貢献した。

EPS:
EPS予想:-C$0.33に対し、EPS実績-C$2.43。

売上総利益率:
2021年第3四半期の売上総利益率は16%。売上原価に計上された構造改革費用を除いた調整後粗利益率は26%、前年同期から500bpsの減少となった。調整後の売上総利益率は固定費の吸収不足が続いていることが影響しており、発表されたコスト削減プログラムの推進により、調整後の売上総利益率は緩やかになると予想される。

営業費用:
販売費及び一般管理費(G&A)、研究開発費(R&D)が前年同期比で減少したことにより、総販売費及び一般管理費(SG&A)は2020年第3四半期から15%減少。セールス&マーケティング費用が15%減少したのは、カンナビス2.0製品をサポートする製品マーケティングおよびブランド認知度向上キャンペーンに起因する広告宣伝費およびマーケティング費用が前年同期に比べて減少したことを反映。しかし、BioSteel社のスポンサーシップフィーの増加および米国CBD事業をサポートするブランド費用の増加によって一部相殺された。販管費は23%減少したが、これは主に年初に実施した企業再編に伴う費用の削減によるものだ。研究開発費は33%減少したが、これは主に年初に実施した企業再編に伴う報酬費用の減少による。 株式報酬費用は、2020年第3四半期から68%減少した。

純損失:
純損失は8億2900万カナダドルで、2020年第3四半期と比較して7億2000万カナダドル拡大したが、主に減損および構造改革費用およびその他の関連費用4億1600万カナダドルが原因。そのうち3億8200万カナダドルは2020年12月9日の発表に関連したものである。2021年第3四半期に計上された減損および構造改革費用のうち、約15%は現金による費用。さらに、2021年第3四半期のその他の費用の合計は2億9,100万カナダドルとなったが、これは現金以外の公正価値の変動によるもので、主に当社の株価上昇が原因となっている。

調整後EBITDA:
調整後のEBITDAの損失は2021年第3四半期に6,800万カナダドルとなり、2020年第3四半期には9,700万カナダドルの損失となったが、これは純収益の増加と営業費用の減少が要因だ。

現金ポジション:
2020年12月31日現在の現金及び短期投資は15.9億カナダドルとなり、EBITDAの損失及び設備投資を反映して、2020年3月31日現在の19.8億カナダドルから3.9億カナダドル減少した。

<事業・運営ハイライト>

カナダのレクリエーション市場での競争力をさらに強化:
・カナダのレクリエーショナル市場シェアは 2021 年第3四半期に 15.7%となり、2021年第2四半期比で30bps増加した。特に、アルバータ州では60bps、ブリティッシュコロンビア州では120bps増加したが、オンタリオ州では2021 年第 2 四半期と比較して80bps低下した。オンタリオ州の市場シェアは2021年1月17 日に終了した直近4週間で、2021年第3四半期と比較して150bps改善した。

・2021年第3四半期には、乾燥大麻の市場シェアは2021年第2四半期と比較して180bps増となった。オンタリオ州で販売されたバリューフラワーの市場シェアは、2021年第3四半期には2021年第2四半期から310bps上昇して16.8%となり、Twd.は成長を続けるバリューフラワー分野の市場シェア拡大を牽引した。

・新しい飲料ブランドが市場に参入したこともあり、第3四半期には当社の飲料が34%のシェアを獲得した。キャノピー飲料はトップ3ブランドを維持しており、当社の飲料ブランドはSKUベースで競争力のあるセットと比較して高い速度を示している。

CBD製品とノンCBDブランドが牽引し、米国市場で更なる勢いを構築:
・マーサ・スチュワートのヘルス&ウェルネスのCBD製品は消費者の強い需要があり、ブランドはすでに発売からわずか4ヶ月で米国内の全CBDブランドの94%以上を売り上げている。キャノピーは、全国580以上のビタミンショップとスーパーサプリメントの小売店でマーサスチュワートCBDコレクションの配布を確保している。

・四半期末以降、当社はMartha Stewart CBDとSurityPro CBDのブランドでCBDペット製品を発売した。

・BioSteel社は、Constellation Brands社のビール販売代理店とのダイレクト・ストア・デリバリー(DSD)ネットワークを構築し、米国市場の独立した小売店での販売を開始した。BioSteelは、コンビニエンス&ガス、食品/ドラッグ/マスチャネルの大手チェーン店との契約を獲得した。

・S&Bのベポライザー製品は、流通の強化と消費者からの強い支持を受けて力強い成長を続けている。

・This Worksは、直販(TW.com、shopcanopy.com)とサードパーティのeコマース販売チャネルを強化した。

さらなる業務の合理化と組織的な集中力の向上:
・当社のフットプリントの最適化を目的とした事業のエンドツーエンドの見直しの一環として、カナダの複数の生産施設の操業を停止。

・Canopy Rivers Inc. (TSX: RIV)及びその完全子会社であるキャノピーリバーズコーポレーション(CRC)との間で、キャノピー・リバーズの持分を売却し、米国MSO TerrAscend Corp.の条件付き直接所有権を増加させ、Vert Mirabel温室の所有権を増加させることで合意した。譲渡される資産とロイヤリティ契約の終了の追加的な対価として、キャノピー・グロースはCRCに1億1,500万カナダドルの現金支払いを行い、CRCに合計3,750,000株のコモンズ株式を発行します。本アレンジメント計画は、2021年2月16日に開催される予定の臨時株主総会でのキャノピー・リバーズ社の株主の承認、オンタリオ州高等裁判所の承認、その他一定のクロージング条件を条件としている。

中期財務マイルストーン:
新戦略の策定、組織変更の完了、経費節減策の実施により、以下のような中期的な財務目標を設定。

・2022年度から2024年度までの売上高CAGR40%~50%。

・2022年度下期の調整後EBITDAはプラス、2024年度通期の調整後EBITDAマージンは20%。

・2023年度通期の営業キャッシュフローはプラス、2024年度通期のフリーキャッシュフローはプラス。

財務目標を支える主な要因は以下の通り。
・カナダの合法的なレクリエーション用大麻市場は、2022年度に40%、2022年度から2024年度までの年平均成長率は25%~30%。

・キャノピーのカナダのレクリエーション用大麻売上高の成長は、市場全体の成長と市場シェアの拡大に牽引されると予想される。

・カナダの医療用大麻市場が安定的に縮小している中、当社のカナダ医療用大麻の売上高は、市場シェアの拡大に牽引されるものと予想。

・キャノピーの海外医療用大麻売上高は、ドイツの医療用大麻市場の成長が牽引するものと予想。

・米国CBD事業およびBioSteel、ThisWorks、Storz & Bickel(以下「S&B」)のCPG事業の成長は、米国での流通拡大と新製品の発売に牽引されるものと予想される。

・発表した1億5,000万~2億カナダドルのコスト削減プログラムは、今後12~18ヶ月間に実現する見込み。

・資本支出(CapEx)は、2021年度と2022年度に年間2億カナダドルを下回る見込み。


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です