GTIがオハイオ州の大麻施設を27億円かけて増強へ

10/01/2020
大麻消費者向けパッケージ商品の全米大手企業でRise™とEssenceブランドの大麻薬局を所有しているグリーン・サム・インダストリーズ(Green Thumb Industries Inc, CSE:GTII, OTCQX:GTBIF)は、大麻不動産REIT会社のイノベーティブ・インダストリアル・プロパティーズ(Innovative Industrial Properties Inc, NYSE: IIPR)との間で、オハイオ州トレドの製造施設に関するセール・リースバック取引の修正を発表した。
現在、大麻加工施設を併設している同施設の大麻栽培施設建設のために、27.5億円($25M)の追加資金が投入される。追加資金が全額支払われると仮定した場合、セール・リースバック取引に基づくIIPRの同施設への投資総額は35.4億円($32.2M)となる。Green ThumbとIIPRは、2020年1月31日に同物件のセール・リースバック取引に署名している。

グリーン・サムのベン・コブラーCEOは、
「当社は、長期的な不動産資本のパートナーとして、IIPRの継続的な強力な支援に感謝しています。オハイオ州で統制されている大麻市場は、引き続き大きな成長機会を表しており、当社の高品質なRythmの花を同州の患者さんにお届けできることを楽しみにしています。」
と述べている。

IIPの社長兼最高経営責任者であるポール・スミザーズは、
「グリーン・サムは、最高品質の大麻製品を患者と顧客に提供することに献身的に取り組んでいるクラス最高の事業者であり、事業を展開する地域社会への影響力のある貢献者でもあります。」
と述べている。

Source;
https://investors.gtigrows.com/investors/news-and-events/press-releases/press-release-details/2020/Green-Thumb-Industries-Secures-Additional-Real-Estate-Financing-with-Innovative-Industrial-Properties-for-Cannabis-Manufacturing-Facility-Expansion-in-Ohio/default.aspx

http://investors.innovativeindustrialproperties.com/press-releases/2020/10-01-2020-220015139


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です