GQ-Pharma

エピディオレックスが好調なGWファーマ、第4四半期売上は118.8億円

01/13/2020
大麻成分を使用した抗てんかん薬「エピディオレックス(EPIDIOLEX®)」を製造販売するGWファーマ(GW Pharmaceuticals plc. Nasdaq:GWPH)は、明日よりサンフランシスコで開かれるJPモルガン・ヘルスケア・カンファレンスに先立って、監査前の数字だが2019年第4四半期の売上が118.8億円($108M)、2019年度決算で売上が339.9億円($309M)となる予想であることを発表した。
売上のうちエピディオレックスの占める割合は、第4四半期で114.4億円($104M)、年度決算で325.6億円($296M)となる模様。

ジャスティン・ゴバーCEOは、
「今回の第4四半期と年度決算は、エピディオレックスが販売された特別な年度を反映したものです。エピディオレックスを多くの患者様へ届けられたことを誇りに思うとともに、2020年度へ向けてしっかりと土台固めができたと信じております。
2020年度は、引き続きエピディオレックスの拡販をおこないつつ、世界に先駆けて行っているカンナビノイド研究において、製薬製造のパイプラインを推し進めて参ります。特にサティベックスにおいては、大きな市場機会をアメリカに見出しており、治験プログラムも2020年には終盤に差し掛かってきております。」
と述べている。

Source;
http://ir.gwpharm.com/news-releases/news-release-details/gw-pharmaceuticals-pre-announces-preliminary-unaudited-fourth


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です