サンダイアルがQ4および通期決算を発表

03/18/2021
垂直統合型大麻企業のサンダイアル(Sundial Growers Inc NASDAQ:SNDL)がQ4および通期決算を発表した。

Q4
予想EPS -C$0.055 実績 -C$0.29 ❌
予想売上 C$14.5M 実績 C$13.9M ❌

<決算発表資料からのハイライト>

財務リストラを完了し、2020年中に元本総額2億2700万ドルの負債を解消。

2020年12月31日時点で6,040万ドル、2021年3月15日時点で7億1,900万ドルの現金を保有。

2020年の売上総売上は、前年比10%増の7,330万ドル。

卸売からブランド小売販売に移行したことにより、ブランド大麻の純売上高は、前年の20%から2020年には75%に増加。

2020年第4四半期の大麻純売上高は1,390万ドルで、2020年第3四半期に比べて8%増加。

一般管理費は、コスト削減の取り組みの結果、2020年は前年の38.9ドルに比べて18%減の3,200万ドル。

2020年第4四半期に5,890万ドル、年末以降にさらに3,150万ドルを戦略的大麻関連ポートフォリオ投資に投入。年末までに930万ドルの実現投資収益および手数料を計上。


発表資料からQ4の決算数字を計算し、売上推移の数字とともにグラフを描画した。
四半期ベースでの売上成長率は8%となっており、業界の成長率を考えると少し低い感じがする。
ただ、いずれの数字も前期よりから微増となっており、資金力を活かしてどれくらい数字を伸ばしてくるかが注目される。


Source;
https://www.sndlgroup.com/press_releases/sundial-reports-full-year-and-fourth-quarter-2020-financial-and-operational-results


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です