Cresco Labs presentation

クレスコ・ラボがイリノイ初の娯楽使用大麻の栽培免許を取得

09/30/2019
垂直統合型大麻企業大手のクレスコ・ラボ(Cresco Labs Inc, CSE:CL, OTCQX:CRLBF)は、2020年1月から娯楽使用大麻が解禁となるイリノイ州で、3つの大麻栽培施設がイリノイ州農務省から認可されたことを発表した。3つの施設はそれぞれ、ジョリエット、カンカキー、リンカーンに所在しており、全ての敷地面積を合計すると63万スクエアフィートとなる。

クレスコ・ラボのチャーリー・バッチェルCEOは、
「イリノイ州で初となる、娯楽使用大麻の栽培免許を取得できたことを大変嬉しく思います。このことは引き続き我々の成長を促していくこととなるでしょう。栽培施設の認可は、2020年1月の合法化に向けて大変大切なマイルストーンでした。イリノイの3つの栽培施設で唯一の大麻オペレーターとして、来年の需要増に応えるとともに、収益化を図ってまいります。」
と述べている。

Source;
https://investors.crescolabs.com/investors/press-releases/press-release-details/2019/Cresco-Labs-Receives-First-Adult-Use-Cultivation-Approvals-Granted-in-Illinois/default.aspx

—————————
<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。
—————————

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です