クロノス・グループが米国ヘンプCBD企業のレッドウッドを330億円で買収

08/02/2019
カナダの垂直統合型大麻企業のクロノス・グループ(Cronos Group Inc, NASDAQ:CRON, TSX:CRON)は、アメリカでヘンプ由来CBD製品の製造販売を行なっている、レッドウッド・ホールディング・グループ(Redwood Holding Group, LLC)傘下の4つの事業体を買収することで最終合意に入ったと発表した。

レッドウッド・ホールディング・グループは、ヘンプ由来のCBDスキンケア製品やその他のコンシューマ製品を、「ロード・ジョーンズ(Lord Jones™)」のブランド名で、オンライン、小売店、および医療パートナーを通じて全米で販売している。
レッドウッドの製品は純粋なヘンプオイルを使用しており、自然なフィトカンナビノイドやテルペンが豊富に含まれている。

レッドウッドは2017年にロバート・ローゼンヘックとシンディー・カポビアンコによって創業された企業だが、ロバートとシンディーはそのままクロノス・グループに入り、引き続きレッドウッドのプラットフォームを継続開発していく。

今回の買収額は330億円($300M)となっており、247.5億円が現金で、その他はクロノスの普通株によって支払われる予定だ。

Source;
https://ir.thecronosgroup.com/news-releases/news-release-details/cronos-group-establishes-new-growth-opportunity-united-states

—————————
<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。
—————————

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です