ヘンリーズ・オリジナルがシリーズBの調達ラウンドで12億円を調達

08/06/2019
カリフォルニア州で垂直統合型大麻企業を運営するヘンリーズ・オリジナル(Henry’s Original)は、シリーズB調達ラウンドにおいて、大麻関連企業に集中的に投資を行なっているメリダ・キャピタル・パートナーズ(Merida Capital Partners)をリードインベスターとして、ビッグ・ロック・パートナーズ、デルタ・エメラルド・ベンチャーズ、JWアセット・マネジメントなどから約12億円($11M)の資金調達を行なった。

ヘンリーズ・オリジナルはクリーン・グリーン認証の取れた大麻乾燥花やプリロールをカリフォルニアのメンドシノ郡で栽培生産しており、州内で13の大麻栽培、製造、販売、流通、小売の免許を取得しており、栽培面積は10万スクエアフィートを誇る。

ヘンリーズ・ファームのCEOジェイミー・ウォームは、
「我々の持つ、メンドシノ郡の家族経営時代からつながるオリジナルブランドの遺産を踏まえ、メリダのような戦略的で思慮深く、ビジョンをしっかりと掲げている投資家とパートナーとなれることに興奮しております。メリダの多様な専門家チームは、ハンドクラフトで作り出されるカリフォルニアの地域アイデンティティ備えた我々のビジョンをを理解し、非常に支援してくれています。」
と述べている。

Source;
https://www.businesswire.com/news/home/20190805005362/en/Henry%E2%80%99s-Original-Closes-Series-Investment-11-Million

—————————
<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。
—————————

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です