Elixinol Revenue for Q2 2018

LeaflyがSPAC上場へ向けて、3,000万ドルの転換社債を発行

01/12/2022
<要点>
・Leaflyの現在の複数年の事業計画に合わせて企業結合完了時に必要な資金を新たに投入。
・経営統合に関するMerida社の臨時株主総会での投票は後日開催される。

大麻消費者向けのオンライン大麻発見マーケットプレイスおよびリソースのリーディングカンパニーであるリーフリ:Leafly Holdings Inc.と、特定目的投資会社(SPAC)のメリダ:Merida Merger Corp.I (NASDAQ: MCMJ)は、投資管理会社のCohanzick Management LLC and affiliates (以下、「Cohanzick」)が率いる新たな投資家と3,000万ドルの転換社債購入契約を締結したことを発表した。この補完的な資金調達は、LeaflyとMeridaの間で提案されている事業統合の完了直前に完了する予定であり、Leaflyの現在の複数年の事業計画の完全な資金調達を確実にするものだ。
さらに、メリダ社は、メリダ社の株主がノート・ファイナンスの条件および特定の追加情報を評価するための十分な時間を確保するために、当初2022年1月14日に予定されていた事業統合案を議決するためのメリダ社の臨時株主総会を、後日発表する日に延期することを発表した。これに伴い、メリダ社の株主が償還を請求できる期日は、本経営統合に関する議決権行使のための会議が開催される日の2営業日前まで延長される。

Leafly最高経営責任者のYoko Miyashitaは、
「今回の合意は、Leaflyが上場企業として次の段階に入るにあたり、資金調達の確実性を高めるものだ。2021年に成長軌道を加速させた当社は、この重要な新資本を活用して、当社の主要な大麻市場を拡大し、当社の技術プラットフォームをさらに強化して、消費者にパーソナライズされたショッピング体験を提供し、小売パートナーにさらなる価値を提供していきたいと考えています。」
と述べている。

Cohanzick社の社長兼創業者であるDavid Sherman氏は、
「Leaflyは、急速に成長しているプラットフォームであり、非常に大きなブランドロイヤリティと市場でのリーダーシップを持っている。今回の投資は、Leaflyのチームと、大麻のエコシステム全体のステークホルダーに大きな長期的価値を生み出すために彼らが実施している戦略に対する我々の信頼を示すものです」
と述べている。

取引の詳細と注意事項
今回の3,000万ドルの資金調達は、2025年満期の無担保転換社債型新株予約権付社債の形で行われる。この債券には年率8.00%の利息がつき、半年ごとに7月31日と1月31日に現金で支払われる。また、満期前に保有者の選択により、12.50ドルの初期転換株価(社債の元本1,000ドルまたは未払い利息がある場合はそれにつき、当社普通株式80株)で転換できる。さらに、当社は1年後に、事前に合意した株価基準に基づいて、すべてまたは一部の手形を元本と同額の現金で償還するか、2年後に強制的に転換させるオプションを有している。
債券購入契約に従い、MeridaはCohanzick(および/またはその代理人)に1.25%のコミットメント・フィーを支払うことに同意している。このフィーは、Meridaのスポンサーが保有するMeridaの普通株式の譲渡を通じて支払われ、スポンサーが保有する300,000個のプライベート・ワラントを投資家に譲渡することになっている。
上記に関連して、メリダとLeaflyは、手形購入契約から受け取る資金が、メリダが合併契約で要求される最低現金条件を満たすためにカウントされるように、合併契約(以下に定義)の第2修正を行った。
手形購入契約、手形の条件、および合併契約の第2次修正についての追加情報は、メリダが米国証券取引委員会(以下「SEC」)に提出するForm 8-Kによるカレントレポートで提供され、www.sec.gov で入手できる。

Leaflyについて
大麻発見マーケットプレイスであるLeaflyは、今年、1億2500万人以上の訪問者が大麻を発見できるようにすることを目指している。Leaflyの強力なeコマースツールは、買い物客が十分な情報に基づいて購入を決定できるよう支援し、広告や技術サービスを通じて大麻事業者がロイヤルカスタマーを引き付け、維持できるよう支援する。詳細については、Leafly.comをごください。

Merida Merger Corp.についてI
Merida Merger Corp.Iは、1つまたは複数の企業または事業体との合併、株式交換、資産買収、株式購入、資本再編、再編成、またはその他の同様の企業結合を行うことを目的として設立されたブランクチェック企業(SPAC)です。


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です