Elixinol Revenue for Q2 2018

大麻企業に投資するメリダ・キャピタルが第3号ファンドを立ち上げ

04/03/2019
ニューヨークにヘッドオフィスを持ち、カンナビス関連企業に集中して投資を行なっているメリダ・キャピタル・パートナーズ(Merida Capital Partners)は、今回220億円($200M)規模の第3号ファンドを立ち上げたことを発表した。
2016年に第1号、2号ファンドを88億円規模で立ち上げたメリダ・キャピタルだが、現在では運用額が138億円規模となっている。2年間で投資した企業はグロージェネレーション、ヴィレオ・ヘルス、CB2インサイツなど25社に上り、リードインベスターを務めたのはクッシュコ・ホールディングスとフリーダム・リーフ・ヘルスの2社とのこと。
下図はメリダキャピタルのポートフォリオ企業:

メリダ・キャピタルは運営拠点も拡張することを発表しており、カナダ・トロント、サンフランシスコ(カリフォルニア州)、べセスダ(メリーランド州)で事務所を開設する。
また、拡張にあわせて各方面の専門家人員補充も行なっている。

Source;
https://www.businesswire.com/news/home/20190404005606/en/

—————————
<<新刊発売のお知らせ>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、大麻産業の”今”が理解できる。
—————————

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です