SPACのSCACがCalivaなどを買収しJay-Zらと共にThe Parent Companyを設立


01/15/2021

TPCO Holding Corp. (NEO Exchange: GRAM.U, GRAM.WT.U, OTCQX: SBVCF, SBVQF)、旧称SCAC:Subversive Capital Acquisition Corp. (NEO: SVC.A.U, SVC.WT.U, OTCQX: SBVCF, SBVQF) は、CMG Partners Inc. (以下「Caliva」) および Left Coast Ventures, Inc. (以下「Left Coast Ventures」または「LCV」)を、世界的なアイコン、起業家でありMONOGRAMの創設者であるShawn “JAY-Z” Carterとエンターテイメント界の大御所Roc Nationと共に買収することを発表した。
投資家の中には、Rihanna, Meek Mill, Yo Gotti, DJ Khaledらが含まれている。

普通株式およびワラントは、現在、NEO取引所において、それぞれ「GRAM.U」および「GRAM.WT.U」のシンボルで取引されており、OTCQX市場においては、それぞれ「SBVCF」および「SBVQF」のシンボルで取引されている。2021年1月19日より、OTCQXのシンボル “SBVCF “は “GRAMF “に変更される。

ザ・ペアレント・カンパニー(The Parent Company)のチーフ・ビジョナリー・オフィサーであるショーン “JAY-Z “カーターは、
「今はこの業界にとって信じられないような時です。大麻の禁酒法の終焉はここにあり、ザ・ペアレント・カンパニーは、より広範で包括的な大麻業界への挑戦をリードしていきます。私たちは、尊厳、正義、配慮、一貫性に根ざした大麻文化の道を切り開いていきます。私たちが構築するブランドは、成長、社会的影響力、社会的公平性を再定義します。今こそ私たちの時代です。親会社のビジョンをリードできることを誇りに思いますし、興奮しています。」
と述べている。

SCACとThe Parent Companyの会長であるマイケル・アウアーバッハは、
「これは業界を定義する瞬間です。経験豊富な経営陣、高度なインフラ、業界をリードする運営効率、実証済みのブランド戦略、文化的影響力を持つ我々は、米国およびその先の大麻の未来を形作る手助けをするとともに、禁酒法の過ちの修復と是正を開始するでしょう。カリフォルニア州で最も包括的な垂直統合プラットフォームとブランドポートフォリオ、そして大麻業界で最も健全なバランスシートの両方を備え、世界最大の大麻経済圏の業界を再構築していきます。」
と述べている。


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です