アフリアがスイートウォーター買収でアメリカ市場進出へ

11/05/2020
垂直統合型大麻企業大手のアフリア( Aphria Inc, TSX:APHA, Nasdaq:APHA)は、独立系地ビール会社大手のスィートウォーター・ブリューイング(SW Brewing Company LLC,SW)を$300Mで買収することで最終合意に至ったと発表した。
SWは独立系のビール会社で、フラッッグシップの420 beverageシリースなどを持ち、大麻文化と密接な関係性を持っている。買収金額は$300Mとなり、アフリアのEBITDAとEPSに好影響をもたらすと期待されている。

1997年創業のSWは、全米27州とワシントンDCで販売されており、年間を通して楽しまれているビールで、29,000箇所で販売されている。また伝統的な流通網だけでなく、420 Extra Pale Aleはデルタ航空機内でもサーブされており、50か国、6大陸で楽しまれている。
420 Strain G13 IPAは、2019年度の新作クラフトビールの中でトップにランクされた。420シリーズはカンナビスのテルペンとヘンプのナチュラルフレーバーを使用して、大麻の有名種を模した香りと味で人気を博している。

アーウィン・サイモンCEOは、
「当社の強固なバランスシートと資本へのアクセスにより、今回の戦略的かつ収益性の高い買収で米国への進出が可能となりました。当社は、クラフトビールのイノベーション、製造、マーケティング、流通の専門知識を備えたSweetWaterの強固で収益性の高いプラットフォームを通じて、米国でのプレゼンスを確立し、成長させていきたいと考えています。同時に、将来の州や連邦政府の大麻合法化に向けて、290億ドルの成長を続ける米国のクラフトビール市場に参入することで、成人用大麻ブランドであるブロークンコースト、グッドサプライ、リフ&ソレイユのブランド認知度を高めていきたいと考えています。私たちは、それぞれの補完的なブランドの強みを活かし、製品の多様化を図り、消費者へのリーチを広げ、消費者のロイヤリティを高めることを楽しみにしています。」
と述べている。

Source;
https://aphriainc.com/agreement-to-acquire-sweetwater-brewing-company-united-states/


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です