aurora and alcanna sign agreement

オーロラ・カンナビスが好調な2020Q3決算を発表

05/16/2020
垂直統合型大麻企業大手のオーロラ・カンナビス(Aurora Cannabis Inc, NYSE:ACB)は、2020年3月31日に終了した2020年度第3四半期の決算を発表した。

<要点>
・引当金繰入額2.4億円(C$2.9M)を除いた純売上は64.7億円(C$78.4M)で、前四半期比18%増。

・消費者向け大麻の純売上は、引当金を除いて34.2億円(C$41.5M)で、前四半期比24%増。

・販売された乾燥大麻1グラムあたりの生産にかかる現金コストは0.85ドルで、2020年第2四半期の0.88ドルから減少。

・業務のリセットは軌道に乗っており、販管費の実行率を大幅に改善し、2021年第1四半期の調整後EBITDAの黒字化という当社の公約を達成予定。

・キャッシュポジションは189.9億円(C$230.2M)と改善、第3四半期の現金使用額は127.5億円(C$154.6M)だったため前四半期比43%減。

オーロラのマイケル・シンガー(Michael Singer)エグゼクティブチェアマン兼暫定CEOは、
「オーロラがこのような困難な時期を乗り越えて、すべての生産施設で中断のない操業を維持し、患者と消費者のニーズに応え続けることを確実にしてきたことを、私は信じられないほど誇りに思います。また、2020年第3四半期の業績が予想通りであり、2020年2月の事業変革計画で詳述したコスト削減と設備投資の目標をしっかりと達成できたことを嬉しく思います」
と述べている。

2020年2月6日に事業変革計画を発表して以来、オーロラはいくつかの具体的なステップを踏んで、以前に発表した目標の達成またはそれを上回る軌道にしっかりと乗っているとのこと。これらのステップは、オーロラのバランスシートを強化し、収益性とプラスのキャッシュフローを達成するためにコストを削減することを目的としており、経営陣は、以下の指標がオーロラのオペレーションリセットの成功と将来の収益性の鍵となると考えている。

<純収益の成長、市場シェアのリーダーシップの維持>
2020年第3四半期の引当金を除いた売上高は64.7億円(C$78.4M)で、前四半期比18%増。引当金を除いた大麻の純収入は59.9億円(C$72.6M)で、2020年第2四半期比15%増となった。
引当金を除いた娯楽大麻純収入は前四半期比24%増の34.2億円(C$41.5M)となり、オーロラのバリューブランドであるデイリースペシャルの発売と、カンナビス2.0製品の1四半期分のフルクォーターの効果を実証した。
医療用大麻の純収入は、カナダと海外の両方で、全体で13.5%の健全な成長を示した。
COVID-19パンデミックに関連した変動要因や、消費者の購買行動や新店舗の展開など、カナダの消費者市場がまだ発展途上にあることから、オーロラは収益目標ではなく、短期的な市場シェアを重視して事業を運営しているとのこと。
オーロラはカナダの主要な消費者カテゴリーでトップシェアを確立しており、カナダの医療市場では売上高でトップ、ドイツでは大きなシェアを誇っている。オーロラの目標は、可能な限り市場シェアを獲得し、長期的に様々な大麻市場の収益成長の中でより多くのシェアを獲得していくことにあるとのこと。

<売上利益の強さ、大麻売上マージン54%>
大麻売上に対する公正価値調整前の売上総利益率は、2020年第3四半期には44%となり、前期の44%から横ばいだった。
大麻売上に係る公正価値調整前の調整後粗利益率は、2020年第3四半期には54%となり、前四半期の55%からほぼ横ばい。

<販売、一般管理費(SG&A)費用の削減>
2020年第3四半期の販管費は62億円(C$75.1M)で、事業変革計画に伴う一時的な解約費用を除くと、前四半期から20.4億円(C$24.7M)減少した。
現状を明確にすると、オーロラの研究開発(R&D)費用も含めた一般管理費コストを現在の実行率は45.4億円(C$55M)。今後は33億円(C$40M)から37.1億円(C$45M)への進捗を見込んでいる。

<調整後EBITDAをプラスへ>
事業変革計画に伴う一時的な解約費用を除いた調整後EBITDAは、第3四半期は37.9億円(-C$45.9M)の損失となり、前四半期の調整後EBITDAが66.2億円(-C$80.3M)だったのに対し、28.4億円(C$34.4M)の改善となった。
オーロラは、2020年7月~9月期の2021年度第1四半期に調整後EBITDAをプラスにすることをコミットしている。そのため、必要に応じて売上原価や販管費のコスト削減や効率化を図ることで、この目標を達成したいとのこと。

<設備投資の削減>
2020年第4四半期には20.7億円(C$25M)を下回る見込み。
無形資産への追加分を含み、資産化された借入コストと株式ベースの報酬の影響を除いた資本支出は、2020年第3四半期に80.8億円(C$73.7M)となった。
これは、短期的なリターンの創出、中核事業への集中、財源の保全というパラメータを掲げてすべての資本支出を見直したことから、前四半期からの大幅な減少を示している。
多くのプロジェクトが第3四半期に終了もしくは中止された。
継続的な資本プロジェクトには以下が含まれる。
① 医療関連子会社の合併計画と、合併後の事業体のための物流の集中化。
② オーロラリバー施設におけるコジェネレーション能力UP。主要施設の一つであるオーロラリバーでのエネルギーリスクを軽減し、エネルギーコストを削減するため、今後12ヶ月間に1,000万ドルの相殺助成金を予定。
③ ジョイントベンチャー契約の完了により、ポラリス施設内の大麻製品生産をより集中的に配置し、大麻製品製造コストとリリースまでの期間を短縮する。
④ 需要の高い品種を生産するために、オーロラサンの最初の6室を完成させる。
⑤ ドイツの生産設備の継続的な開発。ドイツ生産施設を除く全てのプロジェクトは、2020年第4四半期にほぼ完成する見込み。

<資本支出の削減>
目標。2020年度下半期に1億ドル以下。
経営陣は2020年度下半期の資本支出を1億ドル以下に抑えることを約束しており、2020年第3四半期の資本支出は80.8億円(C$73.7M)で、この目標達成に向けて軌道に乗っている。
2021年第1四半期の資本支出は、2020年第3四半期と第4四半期の水準を大きく下回る予定である。

(注:記事内ドル表記はカナダドル)

Source;
https://investor.auroramj.com/news-and-events/press-releases/122947/


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です