Elixinol Revenue for Q2 2018

エアウェルネスがQ4および通期決算を発表

03/11/2021
垂直統合型大手のエア・ウェルネス(Ayr Wellness Inc, CSE:AYR.A, OTCQX:AYRWF)は、Q4および通期決算を発表。
予想EPS $0.024 実績 $0.069 ⭕️
予想売上 $48.3M 実績 $47.8M ❌

<ハイライト>
第4四半期の売上高は前年同期比48%増の47.8百万ドル。第2四半期にコロナの影響からシャットダウンがあったものの通期の売上高は25%増。

第4四半期の調整後EBITDAは前年同期比111%増の1,940万ドル、通期の調整後EBITDAは63%増。

1億1,000万ドルの借入と4,800万ドルのワラント行使に成功し、2020年末には1億2,700万ドルの現金を保有。また年末以降に1億1,800万ドルを追加調達。

第4四半期に700万ドル以上、年間で3,600万ドルの営業キャッシュフローを創出。

第4四半期にペンシルバニア州で2件の買収を完了し、2月にはペンシルバニア州で2番目の薬局を開設。

Liberty Health Sciences社の買収を完了し、フロリダ州で4番目に大きい31の小売薬局を追加。

アリゾナ州とオハイオ州での買収は今月末に完了予定。

アリゾナ州、オハイオ州、ニュージャージー州での買収により、7つの州で7,300万人以上の人が利用できるようになる予定。

<第4四半期の業績ハイライト>

■ネバダ州の業績

第4四半期の1日あたりの平均小売売上高は29万ドル超、1日あたりの取引量は4,685件、1件あたりの平均チケット単価は62ドル。

売上高は、取引量が15%、平均チケット単価が6%増加したことにより、前年同期比で21%増加。

ネバダ州のクラーク郡に6番目の薬局を開設。

ローカル市場での競争激化、COVID-19による厳しい経済環境にもかかわらず、市場シェアを拡大。

■マサチューセッツ州の実績

第4四半期の1日あたりの平均小売売上高(医療用のみ)は64,000ドル以上に増加。1日あたりの取引量は約410件で、1件あたりの平均チケットは157ドル。

小売売上高は、取引件数が約90%、平均チケット枚数が約45%増加したことにより、前年同期比で136%増加。

BDSアナリティクスによると、州内の110の成人用薬局のうち78の薬局に販売しており、エアは花、ベイプ、濃縮液の市場シェアのリーダーの1つとなっている。

卸売り売上高は、2020年5月に導入した生産能力の増加を反映して、前年同期比109%増の1,340万ドルを超えた。

■ペンシルバニア州の最新情報

第4四半期にペンシルバニア州での2件の買収を完了。

第一期工事が完了し、15,000ft2のキャノピーが今春に初収穫予定。

2月には21,000ft2の追加スペースでの栽培が承認され、初夏に最初の収穫が予定されている。

ニューキャッスルとプリマスミーティングに、Ayr Wellnessブランドの薬局をオープン。

Source;
https://ir.ayrwellness.com/news-events/press-releases/detail/74/ayr-wellness-reports-fourth-quarter-and-full-year-2020


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です