Elixinol Revenue for Q2 2018

大麻企業 8月決算まとめ①

トゥルーリーブ(Trulieve Cannabis Corp, CSE:TRUL, OTCQX:TCNNF)

・売上高は132.9億円($120.8M)と過去最高を達成し、前期比26%増となった。
・調整後のEBITDAは66.6億円($60.5M-売上高の50%)となり、10四半期連続の成長と収益性を達成。
・フリーキャッシュフローは43.6億円($39.6M)を達成。
・2020年6月30日時点で165.3億円($150.3M)の現金および現金同等物を保有し、強固なキャッシュポジションを維持。
・GAAP修正マージン4の75%を達成。
・2021年1月よりSEC報告義務の対象となる米国国内発行体への移行を発表。
・フロリダ州に5店舗を新規出店し、第2四半期は全国52店舗で終了。
・COVIDに対応し、業界をリードするクラス最高の安全衛生プロトコルを継続的に実施。
Source;
https://investors.trulieve.com/news-releases/news-release-details/trulieve-reports-strong-consecutive-growth-and-raises-guidance


アクレージ・ホールディングス(Acreage Holdings Inc, CSE:ACRG.U, OTCQX:ACRGF)

・第2四半期の報告売上は29.8億円($27.1M)で、2019年同期比53%増、2020年第1四半期比12%増。
・プロフォーマ売上は48.2億円($43.8M)で、2019年同期比70%増、2020年第1四半期比16%増。
・プロフォーマの同一店舗売上高の成長率は46%で、6四半期連続の2桁成長となった。同一店舗売上高の伸びは、小切手とトランザクションの好調な伸びが牽引した。
・売上総利益率は41.4%で、2019年同期と比較して150ベーシス・ポイント低下し、2020年第1四半期と比較して30ベーシス・ポイント上昇した。売上総利益率は、フォーム・ファクトリーの閉鎖に伴う在庫評価損60万ドルのマイナスの影響を受けた。今後繰り返されることのないこの費用を除くと、売上総利益率は43.7%となり、前年同期比で80ベーシスポイント上昇していた。
・純損失は-40.9億円(-$37.2M)、Acreageに帰属する調整後純損失は-12.2億円(-$11.1M)。
・プロフォーマの調整済みEBITDAは-1.5億円(-$1.4M)の損失。
Source;
http://investors.acreageholdings.com/file/Index?KeyFile=404940139


コロンビア・ケア(Columbia Care Inc, NEO:CCHW, CSE:CCHW, OTCQX:CCHWF)

・第2四半期の売上高は前年同期比71%増、前四半期比14%増の 36.3億円($33M)を記録。
・合算後の売上総利益率は36.1%で、前年同期比800ベーシスポイント(BP)の上昇を反映し、前四半期比480ベーシスポイント上昇。
・合算調整後EBITDAは-5.2億円(-$4.7M)、前年同期比63%増、前四半期比54%増。2020年下半期に調整後EBITDA黒字を創出する軌道を維持。
・フリーキャッシュフローは前四半期比で15.4億円($14M)以上改善。
・6月と7月に売上高と粗利益は、COVID前のトレンドラインが再開され、コロンビア・ケアは通年ガイダンスを再確認。
・第2四半期に47.3億円($43M)のデットおよびハイブリッド・エクイティ資本を追加調達し、7月にはセール・リースバックにより15.4億円($14M)を調達したことで、最小の希薄化を抑えつつ年間での調達額は80.3億円($73M)以上となった。Source;
https://ir.col-care.com/news-events/press-releases/detail/90/columbia-care-to-report-second-quarter-2020-results-on


ハーベスト・ヘルス&レクリエーション(Harvest Health & Recreation Inc, CSE:HARV, OTCQX:HRVSF)

・第2四半期の売上高は61.3億円($55.7M)で、前年同期29.3億円($26.6M)から109%増加し、前期48.6億円($44.2M)から26%増加。
・第2四半期の生物学的在庫調整を除いた売上総利益は25.7億円($23.4M)で、 前年同期7.4億円($6.7M)、前期19.9億円($18.1M)だった。
・第2四半期の生物学的在庫調整を除く売上総利益率は42.1%で、前年同期が25.1%、前期が41.0%でだった。
・前年同期の純損失が-28.1億円(-$25.5M)、前期の純損失が-22億円(-$20M)であったのに対し、第2四半期の純損失は-20.1億円(-$18.3M)だった。
・第2四半期の生物学的調整を除いた調整後EBITDAは4.5億円($4.1M)であったのに対し 、2019年第2四半期は-13.6億円(-$12.4M)、2020年第1四半期は-4億円(-$3.6M)だった。
・2020年6月22日付でデボラ・キーリーを最高財務責任者に任命。
・カリフォルニア州にある8つの小売店舗資産をHightimes Holding Corp.への売却し、現金1.7億円($1.5M)とシリーズA優先株60万ドルの合計67.7億円($61.5M)の対価で完了した。
・2020年6月30日現在、ハーベストはアリゾナ州の14のオープンディスペンサリーを含む7つの州で35の小売店舗を所有、運営、管理している。
Source;
https://investor.harvesthoc.com/press/press-release/2020/Harvest-Health–Recreation-Inc.-Reports-Second-Quarter-2020-Financial-Results/default.aspx


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です