Elixinol Revenue for Q2 2018

大麻企業 8月決算まとめ②

サンダイアル(Sundial Growers Inc, NASDAQ: SNDL)

・2020年第2四半期の大麻の純売上高は16.7億円(C$20.2M)で、2020年第1四半期と比べて44%増加。
・当四半期のブランド製品の平均総販売価格は、前四半期の1グラム当たり5.11ドルから11%上昇し、5.67ドルとなった。
・大麻事業の販売、マーケティング、一般管理費を合わせたコストは、前四半期の10.2億円(C$12.4M)から33%減の6.8億円(C$8.3M)となった。
・ブランド大麻の純売上高は、大麻総売上高に占めるブランド大麻の割合が前四半期の54%から69%に増加。
・乾燥バルク大麻の1グラムあたりの商品売上原価は、前四半期の1.21ドルに対し、第2四半期は1.34ドル。
・第2四半期の大麻事業からの純損失は-26.1億円(-C$31.6M)で、調整後の大麻事業からのEBITDA損失は前四半期の-9.6億円(-C$11.6M)から67%減の-3.2億円(-C$3.9M)ルとなった。
・サプライチェーンの能力は改善され、OTIF(On Time In Full)製品の納入基準は90%を超えた。
・大規模な財務再編が実行され、レバレッジが低下し、ブリッジ・ファーム・グループを74.3億円(C$90M)で売却するなど流動性が改善された。
・乾燥大麻と大麻エキスには、11.1億円(C$13.4M)の在庫減損引当金が計上された。
Source;
https://sndlgroup.com/press_releases/sundial-reports-second-quarter-2020-financial-results


グロー・ジェネレーション(GrowGeneration Corp, NASDAQ:GRWG)

・2020年第2四半期の売上高は、前年同期の21.5億円($19.5M)に対し、123%増の47.9億円($43.5M)。
・同店売上高は、前年同期が18.6億円($16.9M)に対し、49%増の2020年第2四半期が27.6億円($25.1M)。
・2020年第2四半期の調整後EBITDAは、前年同期1.9億円($1.7M)に対し、166%増となる5.1億円($4.6M-1株当たり12ドル)を計上。
・2020年第2四半期の売上総利益は、前同期の6.4億円($5.8M)に対し、12.8億円($11.6M)となり、99%の増加となった。
・店舗の売上高に占める店舗運営費の割合は、前年同期14%だったのに対し、2020年第2四半期が9.2%となった。
・店舗運営からの利益は、前年同期3.4億円($3.1M)だったのに対し、2020年第2四半期が8.4億円($7.6M)、146%の増加となった。
・収益に占める店舗運営からの利益の割合は、前年同期15.8%だったのに対し、2020年第2四半期は17.5%となった。
・基本的な1株当たりのGAAPベースの純利益は、前年同期0.04ドルだったのに対し、2020年第2四半期は0.07ドルとなった。
・前年同期の純利益1.2億円($1.1M)に対し、2020年第2四半期のGAAPベースの純利益は2.9億円($2.6M)であった。
・運転資金は、2020年6月30日時点での38.7億円($35.2M)。
・2020年6月30日の現金は16.3億円($14.8M)、2020年8月12日現在の現金は65.2億円($59.3M)。
Source;
https://ir.growgeneration.com/news-events/press-releases/detail/96/growgeneration-reports-record-financial-results-q2-2020


グリーン・サム・インダストリーズ(Green Thumb Industries, CSE:GTII, OTCQX:GTBIF)

・2020年第2四半期の総売上は、前四半期比16.6%増、前年同期比167.5%増の131.6億円($119.6M)。収入の増加は、主に消費者向けパッケージ商品事業と小売事業の規模拡大によって牽引された。
・2020年上半期の収入は、244.4億円($222.2M)となり、2019年通年の収入を上回った。
・2020年第2四半期の売上総利益率は、前期の51.6%に対して53.2%と改善。
・2020年第2四半期の純損失は、-14.2億円(-$12.9M)となり希薄化後1株当たり(-$0.06)となった。
・調整後営業EBITDAは、非GAAP財務指標で2020年第2四半期の売上高は39.1億円($35.4M-売上高比29.6%)となり、前期比38.6%の増加となった。
・流動資産は167.9億円($152.6M)で、現金および現金同等物91.2億円($82.9M)を含む。負債残高は104.7億円($95.2M)で、そのうち3300万円($0.3M)は12ヶ月以内に返済期限が到来する。
Source;
https://investors.gtigrows.com/investors/news-and-events/press-releases/press-release-details/2020/Green-Thumb-Industries-Reports-Second-Quarter-2020-Results/default.aspx


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です