Canopy LATAM Chile

トゥルーリーブが82億円を私募債発行で調達

01/28/2022
トゥルーリーブ:Trulieve Cannabis Corp.(CSE: TRUL) (OTCQX: TCNNF)は、以前に発表した2026年満期の8%シニア・セキュアード・ノートの第2回私募を総額75.0百万米ドルで終了したことを発表。2021年10月6日に終了した第1回目の募集と合わせて、トゥルーリーブは総額4億2,500万米ドルの債券を発行した。

債券の条件は、2021年10月6日に発行されたものと同じだ。カナコード・ジェニュイティ社(Canaccord Genuity Corp.(以下、「エージェント」)は、この公募に関して、単独エージェントおよび単独ブックランナーを務めた。本募集は、トゥルーリーブと代理人との間の代理店契約の条件に基づき、「最善の努力」による私募で行われた。トゥルーリーブは、4ヶ月のカナダ法定保有期間の終了後、カナダ証券取引所(CSE)に債券を上場するために必要な届出を行った。

トゥルーリーブのCEOであるKim Riversは、
「トゥルーリーブの強固な財務体質と収益性の高い実績により、複数の州で事業を展開する米国の大麻企業にとって業界最高水準の条件で、非希釈の成長資金を得ることができました。今回の追加資金は、2022年に向けた戦略的な取り組みを実行する上で、より大きな柔軟性をもたらします」
と述べている。

トゥルーリーブは、今回の公募による純資金を資本支出およびその他の一般企業目的に使用する予定だ。

トゥルリーヴについて:
トゥルリーヴは、業界をリードする垂直統合型の大麻企業であり、米国の11州で事業を展開し、アリゾナ州、フロリダ州、ペンシルバニア州で市場をリードしている。トゥルーリーブは、ハブ戦略により、新規および既存の市場における小売および流通の規模を拡大し、成長と拡大を加速させる態勢を整えている。トゥルリーヴは、革新的で高品質な製品を提供することで、最適な顧客体験を提供し、大麻へのアクセスを向上させ、患者や顧客が制限なく生活できるよう支援している。トゥルーリーブ社は、CSEに上場しており、シンボルはTRUL、OTCQX市場ではシンボルTCNNFで取引されている。詳細については、Trulieve.comへ。


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。