Cover-photo of TILRAY

ティルレイ がQ4および年度決算を発表

02/19/2021 
垂直統合型大麻企業大手のティルレイ (Tilray inc NASDAQ:TLRY)が前年比26%UPとなる決算を発表した。

◉EPS予想 -$0.14のところ、実績-$0.12。
◉売上予想 $56.0Mのところ、実績$56.6M。

・2020年の収益は前年比26%増の2億150万ドル。

・2019年第4四半期の純損失$(2億1,180万)に対し、2020年第4四半期の純損失$(30万)を計上。

・2020年第4四半期に220万ドルで調整後EBITDA目標を達成。

・Aphria Inc.との合併 2021年第2四半期に閉鎖を予定し、プロフォーマ売上に基づく世界最大の大麻会社を設立。

・2020年12月31日時点で1億8,970万ドルのキャッシュ、2021年2月16日時点で2億6,130万ドルのキャッシュ。

2020年第4四半期財務ハイライト

総売上は、2019年第4四半期と比較して20.5%増の5,660万ドル(7,440万カナダドル)となった。大麻セグメントの収益は46%増の4,120万ドル(5,360万カナダドル)となり、主に国際医療用売上高の加速(191%増)とカナダの成人用売上高の加速(49%増)が牽引した。
カナダの医療用売上高は26%増加し、他のライセンス生産者への一括販売はない。ヘンプセグメントの売上高は18%減の1530万ドル(2050万カナダドル)となったが、これは主に大口顧客のプライベートラベル製品へのシフトと、COVID関連の消費者の買い物パターンの変化に影響を受けた。

総売上は2020年第3四半期と比較して10%増加した。大麻セグメントの売上高は31%増加し、国際医療用売上高が44%増加したこと、成人用売上高が27%増加したこと、カナダ医療用売上高が24%増加したことに牽引されたが、ヘンプの売上高が23%減少したことで一部相殺された。

大麻の総販売キログラム相当量は、前年同期の15,039キログラムから54%減の6,901キログラムとなった。この減少は、ほとんどバルク販売の減少によるものだ。
グラム当たりの平均大麻純販売価格は、2019年第4四半期の1.88ドル(2.52カナダドル)から5.97ドル(7.99カナダドル)に上昇し、2020年第3四半期の6.15ドル(8.15カナダドル)から減少した。2019年と比較して増加したのは、国際医療用販売の成長、成人用市場での高力価・高価格製品への販売シフト、カナダでの大麻2.0製品の継続的な成長など、流通チャネルと製品構成の継続的なシフトによるものだ。2020年第3四半期からの減少は、2020年第4四半期にカナダの成人用市場における大麻フラワー製品の販売成長が加速したことによるものだ。

グラムあたりの平均大麻純コストは、2019年第4四半期の1.53ドル(2.05カナダドル)から3.72ドル(4.98カナダドル)に増加し、2020年第3四半期の4.23ドル(5.61カナダドル)から減少した。前年同期比の増加は、バルク販売の中止により販売キログラム数が減少したことと、ドライフラワーよりもコストの高い大麻2.0製品の販売が増加したことが一部に影響している。2020年第4四半期の減少は、コスト削減策の追加実現とポルトガルでの吸収率の改善によるものだ。

売上総利益率は2019年第4四半期の(-121%)%から29%に増加し、2020年第3四半期の7%から増加した。
在庫評価調整を除いた売上総利益率は、2019年第4四半期の23%から33%に増加し、2020年第3四半期の29%から増加した。

在庫評価調整を除く大麻の粗利益率は、2019年第4四半期の16%、2020年第3四半期の27%に対し、2020年第4四半期は33%となった。
売上総利益率が順次上昇しているのは、国際医療売上高の増加と、当社のコスト削減策による生産施設のコスト削減によるものが一部寄与している。

在庫評価の調整を除いたヘンプの粗利益率は、2019年第4四半期の35%から34%に低下し、2020年第3四半期の43%から低下した。この減少は主に、当社の大口顧客の1社との間で、より大きなサイズと低マージンのプライベートラベル製品への販売シフトによるものだ。

純損失は、2019年第4四半期の純損失が2億1,980万ドル(1株当たり2.14ドル)、2020年第3四半期の純損失が230万ドル(1株当たり0.02ドル)であったのに対し、30万ドル(1株当たり0.02ドル)となった。

調整後のEBITDAは220万ドルで、2019年第4四半期の△3530万ドルの損失に対して3750万ドルの改善、2020年第3四半期の△150万ドルの損失に対して370万ドルの改善となった。売上高の増加と当社の大幅なコスト削減と営業効率の向上が相まって、調整後EBITDAに意味のあるプラスの影響を与えた。

2020年第4四半期末の現金および現金同等物は1億8,970万ドルとなった。

2020年の財務ハイライト。

2020年の総収入は、2019年の1億6,700万ドルから26%増の2億1,050万ドル(2億8,190万カナダドル)となった。この増加は、カンナビスセグメントが2650万ドル(25%増)、ヘンプセグメントが1750万ドル(28%増)であったことによる。ヘンプセグメントの増加は、2019年のマニトバハーベスト買収のタイミングにより、2020年の12ヶ月間の売上に対して、2019年は10ヶ月間の売上となったことが部分的に要因となっている。

大麻の総販売キログラム相当量は、一般的にバルク販売の減少により、2020年には2019年と比較して17%減少したが、これは他の製品チャネルの増加により部分的に相殺された。当社は、当社の主要な大麻製品チャネルであるカナダの成人用および国際的な医療用製品チャネルで売上高が増加しているため、販売キログラム換算グラム数は引き続き増加すると予想している。今後は、製品ミックスを管理し、マージンを最適化しながら、日和見的なバルク販売を追求していく。

グラムあたりの平均純販売価格は、バルク販売の減少に伴う国際医療市場販売とカンナビス2.0製品の増加により、2020年の平均純販売価格は2019年の3.01ドル(3.99カナダドル)に対し、51%増の4.57ドル(6.12カナダドル)となった。国際医療市場の売上高は、一般的にカナダの成人用および医療用売上高よりも1グラムあたりの価格が高くなる。2020年の国際医療販売の割合は、2019年の12%に対して23%に増加した。さらに、2019年の比較期間には存在しなかった高価格の大麻2.0製品は、アダルトユース事業に占める割合が引き続き増加した。

販売グラム当たりの平均コストは3.24ドル(4.34カナダドル)に増加し、2019年の2.36ドル(3.12カナダドル)と比較して、2020年には37%の増加となった。
売上総利益率は2019年の(14%)から12%に上昇したが、これは主に在庫評価の調整額の減少と、コスト削減努力に関連した製造原価の全体的な改善によるものだ。
在庫評価調整を除いた大麻の売上総利益率は、2020年には23%、2019年には20%となった。この改善は、国際医療市場での売上の増加、成人用市場での2.0製品の導入、および年間を通じて実施したコスト削減策の実現によるものだ。

2020年のヘンプの粗利益率37%は、在庫調整の減少により、2019年の31%から上昇した。在庫評価調整と仕入会計値のステップアップを除いたヘンプの粗利益率は、2020年42%、2019年43%となった。売上総利益率の低下は、主に販売ミックスがより大きく低マージンのパッケージサイズにシフトしたことと、年末に向けて当社施設の吸収率が低下したことによるものだ。

当期純損失は、主に2020年中に実施したコスト最適化策によるもので、2019年の1株当たりの損失が32120万ドル(3.20ドル)であったのに対し、2019年は2億7,110万ドル(2.15ドル)に減少した。2020年には、6,110万ドルの非現金減損費用、3,840万ドルの在庫評価調整、ワラントの評価に関連した1億30万ドルの非現金費用を計上したが、(6,110万ドル)の非現金債務変換益で一部相殺された。2019年には、Authentic Brands Group LLC(「ABG」)契約の減損に関連した1億1,210万ドルの非現金費用、および6860万ドルの在庫評価調整を計上した。

調整後のEBITDAは、主に2020年中に実施したコスト削減策と、コスト構造を縮小して売上高の成長を梃子にすることができたことにより、前年の8980万ドルの損失から3030万ドルの損失に改善した。

最近の事業展開は、世界的に継続的に成長している力強い成長とチャンスを反映している。

・国際医療事業とカナダの成人向け製品ラインの拡大が進展

2021年2月9日、当社はGrow Pharma社との間でTilray医療用大麻製品を英国で輸入販売する新たな契約を締結したことを発表した。この新たな契約により、医師や患者はTilrayの医薬品グレードの医療用大麻製品の全製品を持続的に供給できるようになる。

2021年2月4日、当社はワールドファーマ・バイオテックとの提携と、ポルトガルからスペインへの医療用大麻の初の輸出を発表。ワールドファーマ社は、ティルレイ社のGMP認定を受けた医療用大麻を使用し、スペインでの臨床試験に向けた初の医療用大麻製品を生産する。スペインは、ティルレイの医療用大麻が入手可能な17カ国目となる。

2021年2月1日、ポルトガルのカンタンヘデにある当社のGMP認定EU施設から、ポルトガルでTilray医療用大麻製品を提供するために、ポルトガルの法律に基づき必要な承認と市場認可を取得したことを発表した。欧州での医療用大麻製品の市場認可を得るために、完全な品質の書類が必要とされ、提出されたのは今回が初めてのこと。
2021年1月26日、フランス国立医薬品・健康製品安全庁(ANSM)より、フランスでの実験用にGMP(Good Manufacturing Processes)認証を取得した医療用大麻製品の供給先として選定されたことを発表した。当社は、2021年第1四半期に開始される予定のフランスでの実験期間(18~24ヶ月)において、必要とする患者さんへのサービスを提供するために、GMP生産の医療用大麻製品を供給していく。

2020年12月2日、ドイツでの医療用大麻抽出物の販売促進のための協力契約をHormosan社と締結したことを発表した。ホルモサンは、主に疼痛治療と神経領域に特化しており、革新的な医薬品やジェネリック医薬品を販売する国際的な事業体であるルピングループの一員です。今回の戦略的パートナーシップにより、TilrayとHormosanの双方の専門知識が活用され、ドイツ市場でのTilrayのプレゼンスを拡大していく。

2020年10月5日、当社の100%子会社であるハイパークホールディングス株式会社は、大麻入り食用製品ラインの最新作を発表した。Chowie Wowie Gummies」です。Chowie Wowie Gummies」は、クリーンでシンプルな原材料を使用して手作りされており、ヴィーガンとグルテンフリーで、美味しさを特徴としている。

バランスシートの強化と財務状況の改善の進捗状況

2021年2月15日までに、ワラントホルダーは、1株あたり5.95ドルの価格でクラス2の普通株式約1270万株を購入するワラントを行使した。この行使により、約7,540万ドルの収益が得られ、約8,000万ドルのワラント負債が減少した。

2020年11月23日および24日、当社は2023年満期の5.00%転換社債型シニア・ノート(以下「ノート」といいる)の特定の保有者との間で非公開交渉による交換契約を締結したことを発表した。交換契約に基づき、当社は債券の元本総額約1億9,720万ドルに未払い利息を加えた約1,730万ドルの第2種普通株式と交換した。交換後も債券の元本総額は約2億7,790万ドルの未発行残高が残っている。この取引の目的は、当社の債務を削減し、年間約920万ドルの現金利息費用を削減することだった。

Source;
https://ir.tilray.com/news-releases/news-release-details/tilray-inc-reports-2020-full-fiscal-year-and-fourth-quarter


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です